ウィーン体制の問題点とは?

ウィーン体制が抱えていた問題点について教えてください。

18世紀末からのフランス革命とナポレオン旋風によって、ヨーロッパ中に自由や平等、国民統合という理念が広まりましたが、1815年から始まるウィーン体制下ではそれらは弾圧されていました

 

それを正当化したのが正統主義という考えです。これは自由主義や民族主義を否定し、フランス革命で否定されたアンシャン・レジーム(旧制度)を復活させようとするもの。

 

その結果、ブルボン朝の王政復古を初めとした旧体制への回帰が行われましたが、すでに自由や平等といった近代的価値観に染まった人々にとって、その体制はひたすら時代遅れで抑圧的なものでしかありませんでした。

 

とりわけ産業革命の進展で産業資本家や労働階級が勃興する中、経済活動や政治活動の自由を否定する体制など、反発を招くことは自明でした。その結果、各国で打倒専制主義や自由を掲げた革命が相次ぎ、ウィーン体制の崩壊に繋がったのです。