ドイツの地理的特徴

中央ヨーロッパ西部に位置するドイツ連邦共和国の地理的特徴について情報をまとめています。ドイツの地形や風土は以下の要素により構成されています。

 

 

ドイツの地形や風土

面積

357,578平方キロメートル(欧州第5位)

 

国境

南:スイス,オーストリア
北:デンマーク
西:フランス,オランダ,ベルギー,ルクセンブルク
東:ポーランド,チェコ

 

気候

大部分が西岸海洋性気候に属し、暖流である北大西洋海流と偏西風の影響で高緯度のわりに温暖です。

 

北部で北海とバルト海に接していますが、海岸線は短いです。

 

河川

平野が広がる北ドイツをライン川、ドナウ川、エルベ川が北竜し、北海、バルト海に注いでいます。

 

  • ボーデン湖(ドイツ最大)
  • ミューリッツ湖
  • キーム湖

 

山・丘

中部から南部にはドイツを南北に分ける山岳地帯が広がります。主要な山地として西部のアイフェル丘陵、フンスリュック山地、中央部のハルツ山地、東部のエルツ山脈などが挙げられ、少なくない山地が太古の時代に火山活動によって形成されました。

 

平野

ドイツ北部は北ヨーロッパ平野で占められています。