オーストリア文学の歴史と特徴とは?

19世紀末、ハンガリー帝国の首都ウィーンで「世紀末ウィーン」という多様な文化事象が発生しており、現在のオーストリア文学というのは、この時期の文学的発展が基礎になっています。世紀末ウィーンを代表する作家といえば、スケッチ風の短編を得意としたペーター・アルテンベルク(1859〜1919年)が挙げられます。彼はウィーンのカフェハウスに入り浸り、創作活動をしていたことから「カフェ文士」と呼ばれるようになりました。

 

ドイツ文学との違い

オーストリア文学というのはオーストリア人によって書かれたドイツ語による文学のこと。しかしドイツとオーストリアは国境を接する隣国で、公用語も同じドイツ語なので、ドイツ文学とオーストリア文学は区別せず一括して扱われることも多いです。その一方で、両国は歩んできた歴史も文化も政治も異なるので、「オーストリア文学」を安易に「ドイツ文学」と同じに扱えないのもまた事実です。

 
ページの先頭へ戻る