ドイツの産業革命はいつ?遅れた理由は?

ドイツで産業革命が始まったのはいつですか?

ドイツで産業革命が始まったのは1860年代と、イギリスより100年近く遅れています。

 

なぜこんなに遅れたかというと、いくつか理由があります

 

  • 1760年代〜1803年は神聖ローマ帝国、1815〜1866年はドイツ連邦だった。つまり多数の領邦に分裂していたため、単一の経済圏の形成が遅れた。
  • 原料供給地・市場となる海外植民地を持たなかった
  • 貴族制が根強く、市民階級の成長遅れで資本蓄積が滞っていた。

 

などが挙げられます。

 

しかし1834年のドイツ関税同盟で工業化への足がかりを作り、ドイツ統一後の工業発展は急速に進みました。19世紀末から重化学工業(製鉄・機械など)を中心とした工業化が行われ、これは第二次産業革命と呼ばれています。

 

20世紀に入る頃にはラインラントを背景とするドイツの工業生産力は、イギリスと肩を並べるほどに成長していたのです。