ベルギー料理の特徴

ベルギー料理の特徴

フランスと隣接していることからフランス料理の影響を強く受けているのが特徴です。バターやクリームを多用し、ジャガイモは主食になるほど全食材中で重要な位置を占めています。

 

 

ベルギーの肉料理

ベルギーでは肉類は牛肉、豚肉、鶏肉問わず毎日のように食し、中でもソーセージの一種「ブーダン」は国民的な人気があります。また伝統的にジビエ料理がさかんなので、シカやイノシシ、カモ、ガチョウ、ウサギなども重要食材として利用されます。

 

肉料理は様々ですが、特にビールを使った牛肉を煮込む「カルボナード」は有名です。

 

ベルギーの魚料理

ベルギーでよく食べられる魚介はニシン、タラ、マス、ムール貝、エビなど。

 

魚介料理としては、ムール貝を利用した「ムール・オ・ヴァン・ブラン」、小エビを利用した「クロケット・オー・クルヴェット」などが有名です。

 

 

ギリシャ料理ハンガリー料理フランス料理アイスランド料理イタリア料理オーストリア料理ブルガリア料理ノルウェー料理ルーマニア料理ロシア料理トルコ料理ポルトガル料理スペイン料理アイルランド料理イギリス料理オランダ料理スイス料理ドイツ料理スウェーデン料理デンマーク料理フィンランド料理ベルギー料理