イプソスの戦い

イプソスの戦い

19世紀に描かれたイプソスの戦いの様子

 

イプソスの戦いは、紀元前301年、現トルコ中西部イプソスで起こった、アレクサンドロス3世 (大王) の後継者を巡るディアドコイ戦争の戦いの1つです。この戦いにより半世紀近く続いたディアドコイ戦争は終結をみて、広大なマケドニア領土は3つに分裂する結果となりました。

 

戦争の背景

紀元前323年、アレクサンドロス3世が死去すると、マケドニア各地の有力者が、その広大な領土を継承する後継者として名乗りを上げ、ディアドコイ戦争が開始されました。イプソスの戦いが起こったのは、以来半世紀近くに及ぶ戦争の終盤にあたります。この時点では、ギリシアと小アジアを支配するアンティゴノスが優勢でしたが、アンティゴノスの帝国再統一の野望を阻止するため、その他の有力者は反アンティゴノス連合を結成。前301年、両勢力が現在のトルコ中西部にあたるイプソスで衝突したのです。

 

戦争の結果

戦いは連合軍の勝利という結果に終わりました。しかし広大なマケドニア領土は、マケドニアはアンティゴノス朝、シリアはセレウコス朝、エジプトはプトレマイオス朝と、3勢力で分割されることになり、ついにアレクサンドロス大王に築かれた世界帝国が再統一されることはありませんでした。

 

 

古代の戦争

ラティウム戦争ペルシア戦争サラミスの海戦,アルテミシオンの海戦)/ペロポネソス戦争アッリアの戦いカイロネイアの戦いサムニウム戦争ディアドコイ戦争イプソスの戦いポエニ戦争カンナエの戦い)/マケドニア戦争ローマ・シリア戦争ルシタニア戦争ヌマンティア戦争奴隷戦争ユグルタ戦争ノレイアの戦いキンブリ・テウトニ戦争アラウシオの戦い,アクアエ・セクスティアエの戦い,ウェルケッラエの戦い)/同盟市戦争ミトリダテス戦争ガリア戦争パルティア戦争カルラエの戦い)/ローマ内戦ナウロクス沖の海戦)/アクティウムの海戦エデッサの戦い


中世〜近世の戦争

ローマ略奪ルーシ侵攻百年戦争イタリア戦争ユグノー戦争三十年戦争フロンドの乱ネーデルラント継承戦争第二次百年戦争


近代の戦争

アメリカ独立戦争フランス革命戦争ナポレオン戦争イタリア統一戦争メキシコ出兵エチオピア戦争第一次世界大戦イースター蜂起アイルランド独立戦争アイルランド内戦ロシア内戦シベリア出兵スペイン内戦第二次世界大戦ホロコースト北アイルランド紛争ユーゴスラビア紛争