アメリカとトルコの関係

アメリカとトルコの外交関係は、トルコ共和国が成立してまもない1927年に確立されています。以下はそれ以後の関係をまとめたものです。

 

第二次世界大戦後

第二次世界大戦後は、トルコはソ連による共産化の脅威にさらされることとなります。その中でソ連がトルコ海峡軍事基地に対して圧力をかけたことは、アメリカが封じ込め政策「トルーマン・ドクトリン」を宣言する直接的なきっかけにもなりました。

 

21世紀以後

2003年のイラク戦争でトルコがアメリカに協力的でなかったため、両国関係は悪化しました。また2021年にはバイデン大統領がオスマン帝国時代のトルコによるアルメニア人大量殺害を「虐殺」と認定し、それにトルコは反発するなど、近年の両国関係は良好とはいえない状況にあります。

 

2019年の世論調査ではトルコ人の73%がアメリカに対して否定的な考えを持っていることがわかっています。(ソース:https://www.pewresearch.org/global/database/indicator/1/