ローマ・シリア戦争

ローマ・シリア戦争

ローマ・シリア戦争の舞台

 

ローマ・シリア戦争(シリア戦争、アンティオコス戦争とも)とは、紀元前192年から紀元前188年に、共和政ローマと、セレウコス朝シリアの間で起こった戦争です。征服地の小アジアから西進し、ヨーロッパ世界征服を目論むセレウコス朝アンティオコス3世の軍勢を、ローマ軍が迎え撃った形。結果はローマの勝利となりシリア王の野望はくじかれ、セレウコス朝も前63年にはポンペイウス率いるローマ軍に逆に攻め入られ滅ぼされる運命となります。

 

 

古代の戦争

ラティウム戦争ペルシア戦争サラミスの海戦,アルテミシオンの海戦)/ペロポネソス戦争アッリアの戦いカイロネイアの戦いサムニウム戦争ディアドコイ戦争イプソスの戦いポエニ戦争カンナエの戦い)/マケドニア戦争ローマ・シリア戦争ルシタニア戦争ヌマンティア戦争奴隷戦争ユグルタ戦争ノレイアの戦いキンブリ・テウトニ戦争アラウシオの戦い,アクアエ・セクスティアエの戦い,ウェルケッラエの戦い)/同盟市戦争ミトリダテス戦争ガリア戦争パルティア戦争カルラエの戦い)/ローマ内戦ナウロクス沖の海戦)/アクティウムの海戦エデッサの戦い


中世〜近世の戦争

ローマ略奪ルーシ侵攻百年戦争イタリア戦争ユグノー戦争三十年戦争フロンドの乱ネーデルラント継承戦争第二次百年戦争


近代の戦争

アメリカ独立戦争フランス革命戦争ナポレオン戦争イタリア統一戦争メキシコ出兵エチオピア戦争第一次世界大戦イースター蜂起アイルランド独立戦争アイルランド内戦ロシア内戦シベリア出兵スペイン内戦第二次世界大戦ホロコースト北アイルランド紛争ユーゴスラビア紛争