ローマ・シリア戦争

ローマ・シリア戦争(シリア戦争、アンティオコス戦争とも)とは、紀元前192年から紀元前188年に、共和政ローマと、セレウコス朝シリアの間で起こった戦争です。征服地の小アジアから西進し、ヨーロッパ世界征服を目論むセレウコス朝アンティオコス3世の軍勢を、ローマ軍が迎え撃った形。結果はローマの勝利となりシリア王の野望はくじかれ、セレウコス朝も前63年にはポンペイウス率いるローマ軍に逆に攻め入られ滅ぼされる運命となります。

 
ページの先頭へ戻る