ボーンホルム島の歴史

ボーンホルム島はデンマーク東端、バルト海上に位置するデンマーク領の島です。酪農やサケ・タラ漁業がさかんで、岩石島であることから石材(花コウ岩)の産地としても有名です。そんなボーンホルム島はどのような歴史を辿ってきたのでしょうか。

 

 

名前の由来

「ボーンホルム島(Bornholm)」はが「ブルグントの小島(holm)」という意味で、もともとこの島には古代ゲルマン民族であるブルグント人が居住していたことに由来しています。

 

支配の歴史

古代

古代スカンジナビアには筆記文化がなかったので、わかっていることは極めて少ないのdせうが、東ゲルマン民族のブルグント人(フランス語読みでは「ブルゴーニュ人」)が暮らしていたと考えられています。ブルグント人は4世紀に南下を始め(ゲルマン民族の大移動)、ローマ帝国領に侵入したあと、ライン谷に定住しました。

 

中世

1645年スウェーデンにより占領されるも、1658年スウェーデン支配に対する蜂起が起こり、1660年コペンハーゲン条約によりデンマーク領となりました。

 

近代

バルト海における戦略的要衝として、重視されるようになり、第二次世界大戦中はナチスドイツの占領下にありました。

 

 

アイスランド領の島ウクライナ領の島トルコ領の島ロシア領の島アイルランド領の島イギリス領の島オランダ領の島フランス領の島ドイツ領の島イタリア領の島ギリシャ領の島スペイン領の島ポルトガル領の島スウェーデン領の島デンマーク領の島ノルウェー領の島フィンランド領の島