ドイツにおける1848年革命

ドイツの1848年革命はフランスの二月革命の影響を受けて始まり、ウィーン体制の揺らぎと崩壊に繋がりました。そしてドイツの1848年革命は大きくウィーン三月革命とベルリン三月革命に分けられます。

 

 

ウィーン三月革命

フランスの二月革命を受けて、首都ウィーンで民衆が蜂起したことから、三月革命が開始されました。ウィーン体制(別名:メッテルニヒ体制)の指導者メッテルニヒの退位を目的とし、結果的にメッテルニヒは失脚します。

 

これによってウィーン体制は崩壊し、それまでオーストリアで抑圧されてきた民族のナショナリズムも高揚しました。ハンガリー民族運動やベーメン民族運動、ミラノ蜂起など、オーストリアからの独立を図る動きも勃興(「諸国民の春」)し、最終的にはロシアやオーストリアの軍隊に鎮圧されます。

 

また、フランスの六月蜂起でブルジョア政府が反動したことを受け、憲法の制定と自由主義の実現を約束していたオーストリア皇帝は態度を一変し、ウィーンの革命運動を鎮圧します。

 

これによって新皇帝が即位し、オーストリアは絶対主義帝国の体制を継続することとなりました。

 

ベルリン三月革命

プロイセンの国王フリードリヒ=ウィルヘルム4世はメッテルニヒ失脚のニュースやプロイセン以外の領邦でも市民蜂起で新たな政府の樹立が相次いだことを受け、譲歩を決意。

 

出版の自由や憲法制定を約束、国民議会をもつ連邦国家にする勅書を出しました。

 

しかし、王宮前に集まった民衆が発砲される事件が起き、怒った民衆によりベルリン暴動が発生します。

 

これを受け国王は翌日、完全に屈服し、ブルジョア自由主義者を首相とする三月内閣を発足させました。

 

その後、国民議会が招集されますが、ドイツ統一をめぐる対立や六月暴動で国王政府は憲法制定に否定的になりました。最終的に国王は憲法の受託を拒否し、実行力を持たないものとなったのです。