ポルトガル料理の歴史

15世紀から大航海時代を迎え世界各国に進出したポルトガルは、植民地化で繁栄していきました。

 

船乗りの貴重な食糧のひとつが「バカリャウ」で、交易品としても利用されました。

 

植民地化した国ではポルトガル料理の影響を受けた料理が食べられています。

 

またヨーロッパで一番米を食べるのがポルトガル。米の歴史も見ていきましょう。

 

 

バカリャウのルーツは北欧のバイキング

「バカリャウ」は捕れたばかりのタラを塩漬けし、数か月間天日干ししてカチカチに仕上げた干物です。

 

タラはポルトガルよりも北の海に生息し、タラ漁の先駆者は北欧のバイキングでした。

 

8世紀ごろに北ヨーロッパから西ヨーロッパに進出していたバイキングはタラを屋外で乾燥させてボートで運搬、交易品として各地にもたらしていました。

 

ポルトガルは南部に塩田が多くあり、中世から塩を大量に生産。精製した塩を使って北欧諸国からタラを手に入れていました。

 

ポルトガルでは伝統的な魚の処理方法として乾燥と塩漬けがあり、これがタラに応用されバカリャウになりました。

 

ポルトガルでタラ漁やタラの塩漬けに関する記述が出てくるのは14世紀。

 

15世紀から始まった大航海時代には船乗りの食糧として重宝され、17世紀ごろから本格的にポルトガル人に食べられるようになりました。

 

世界各地を植民地化、世界に渡ったポルトガル料理

15世紀から17世紀前半にかけて、ポルトガルは遠洋航海を行い、西アフリカ沿岸部、アフリカ大陸南端の喜望峰、インドへと到達しました。

 

インド航路の開拓後、セイロン島、マレー半島へと進み、1557年にはマカオに到達。以後マカオが東アジア支配の拠点となりました。

 

また1500年にはインドを目指していた探検家カブラルが東風にあおられ、偶然ブラジルに到達。以後ブラジルはブラジルの植民地となりました。

 

世界に拡散したポルトガルの食文化

ポルトガルの食文化の影響を受けた料理は、同国が大航海時代に訪れた地に数多くあります。

 

ブラジルの国民食「フェジョアーダ」(黒豆と肉の煮込み)は、ポルトガル北部・ミーニョ地方の豆料理が起源で、モザンビークや東ティモール、マカオ、アンゴラなどでも、各地で独自の発展を遂げた「フェジョアーダ」が食べられています。

 

ポルトガルの国民食バカリャウも、ポルトガルの旧植民地国で食べられており、マカオではバカリャウ入りのコロッケやチャーハンが定番です。

 

ポルトガルに米をもたらしたのはイスラム教徒

ポルトガルはヨーロッパの中で一番米を食べている国です。

 

米はもともとアジアで食べられていましたが、ゲルマン民族の大移動などの混乱期を経て、8世紀ごろアラブ人がイベリア半島に進出した時代にポルトガルにも持ち込まれたと言われています。

 

13世紀後半から14世紀前半、農民王と言われているデニス王の時代に米の栽培が試みられていたと言われています。

 

しかし、この時代は上流階級だけが米を食し、広く食べられるようになったのは20世紀から。

 

長い歴史の中で、ポルトガル人が米料理をたくさん食べるようになったのは、つい最近のことなのです。