オドアケルとは何をした人?〜西ローマ帝国を滅ぼす〜


オドアケルの基本情報

 

生年:433年
没年:493年
出身:不明
死没地:ラヴェンナ
称号:ゲルマン王、パトリキウス
政策:皇帝位撤廃による西ローマ帝国滅亡

 

オドアケル(433年 - 493年)は、西ローマ帝国を“滅ぼした”とされるゲルマン人の傭兵隊長です。この“西ローマ帝国の滅亡”は“古代”ヨーロッパから“中世”ヨーロッパへ移行する重要な画期とされており、これだけでも欧州史上極めて重大な役割を果たした人物であるといえます。なお彼がゲルマン人のどの部族であるかはヘルール族、テューリンゲン族など諸説あり、はっきりしたことはわかっていません。

 

 

オドアケルの歴史

375年以降、フン族の圧力を受けたゲルマン人の民族大移動が始まり、西ローマ帝国の領土へ頻繁に侵入するようになりました。しかし当時のローマ帝国は衰退期にあり国防が脆弱化していたので、相次ぐゲルマン人の侵入を完全に止めることはできません。そのため屈強なゲルマン人を兵として重用するなど、逆に受け入れていく方向に舵を切り、結果ローマ社会は急速にゲルマン化していくことになるのです。

 

西ローマ皇帝の廃位

しかしゲルマン化が進めば進むほど、“ローマ皇帝”の地位は形骸化して権威を喪失。古代ローマ末期における社会の実権はほぼゲルマン人の将軍が握るようになっており、オドアケルもその一人でした。そして476年、地位を確立したオドアケルは、即位してわずか1年の皇帝ロムルス・アウグストゥルスを退位に追い込み、帝政を廃止することで、西ローマ帝国を事実上滅亡させたのです。

 

滅ぼした動機

オドアケルが帝政を終らせたのは、西ローマ帝国での地位と権益を確保する為ですが、あくまでローマ時代の公職や政府機関はそのまま残し、廃位後も旧西ローマ帝国領の住民は「ローマ人」の自称を使い続けていました。当時オドアケルが持っていた認識としては「ローマ帝国を滅ぼす」というより、せいぜいが「仕組みを変える」程度のものであったと思われ、実際彼はローマの先進的な文化に感銘を受け、積極的にその保全に努めたくらいです。こういった背景から、近年の学問分野では「滅亡」という表現は誤解を招くとして見直そうという議論もあるのです。