イタリア料理とフランス料理の違いとは〜実は歴史的に密接?〜

イタリア料理とフランス料理は、どちらも世界中で大人気の料理です。二つの料理は同じヨーロッパのものでありながら、それぞれ違いがあります。しかし、実は歴史的に密接していることは知っているでしょうか。ここでは、イタリアとフランス料理の違いや関係性について紹介します。

 

調理法の違い

イタリア料理

イタリアは素材を生かした調理が特徴です。気候が温暖で三方が地中海に面していたことから、新鮮な食材が多く手に入ったためです。オリーブオイルを多く使用し、できるだけ素材の持ち味を生かした料理が多いです。

 

フランス料理

フランス料理は「ソースが命である」とされ、素材には手を加えてなんぼという思想が背景にあります。寒冷で食材の流通はよくありませんでしたが、代わりに料理にひと手間加え、アレンジすることで発展していったのです。

 

また、酪農が盛んなので乳製品も多く使われています。

 

マナーの違い

一般的にはフランス料理は格式が高く、イタリア料理はカジュアルと思われがちですが、どちらもマナーがありそれぞれ違います。例えばフォークの使い方では、イタリアではフォークの持ち替えはマナー違反ですが、フランスではOKです。また、イタリアではフォークの背中に料理を載せて食べられますが、フランスではNGとなっています。このように、細かな違いが多くあります。

 

フランス料理の原点はイタリア

フランス、イタリア、両者の料理文化には違いがありますが、実はとても関係が深い者同士でもあります。というのもフランス料理のルーツはイタリアにあるからです。

 

1533年、アンリ2世に嫁いだイタリア貴族カテリーナが、フランスに大勢のイタリア料理人を連れてきて、レシピを伝えたことがフランス料理の始まりだといわれています。

 

またその際に、当時手食が一般的だったフランスにナイフとフォークを使った食事作法も持ち込んでいます。その後、フランス料理も17世紀から独自の発展を遂げ、現在の姿へとつながっていったのです。