ウクライナの民族衣装の特徴

ウクライナの民族衣装としては「ヴィシヴァンカ」(別名:ソロチカ)が有名です。ここではヴィシヴァンカの特徴と歴史を紹介しています。

 

ヴィシヴァンカの特徴

  • 「ウクライナ刺繍」と呼ばれる「魔除け(お守り)」の意味が込められた刺繍が袖や襟もとに施されている。
  • 5月の第三木曜日は「ヴィシヴァンカの日」とされ、ウクライナ人の結束を示すために多くのウクライナ人がヴィシヴァンカを着用する。
  • 「ソロチカ」という別名は、ウクライナ語で意図の太さを表す番手「40(ソローク)」に由来。

ヴィシヴァンカの歴史

オーストリア=ハンガリー帝国時代、ハプスブルク家のオーストリア大公ヴィルヘルムは熱烈な親ウクライナであることで知られ、ウクライナの民族衣装であるヴィシヴァンカを好んで着用していました。