ハンガリー軍の歴史

現ハンガリー共和国は、陸軍・空軍の2軍からなるハンガリー国防軍を有しており、NATO加盟国との集団安全保障体制が国防の基本となっています。ハンガリーは1000年成立と非常に歴史が長い国なので、国防軍の歴史もそれだけ長いです。

 

ハンガリー軍の歴史年表

  • 1000年 イシュトヴァーンが軍事遠征によりハンガリーを統一し、ハンガリー王国を創建/ハンガリー王国軍の成立
  • 1241年 モンゴル帝国軍の侵攻を受ける(モヒの戦い)
  • 1396年 オスマン帝国とのニコポリスの戦いに敗れる
  • 1683年 大トルコ戦争(〜99年)
  • 1703年 ラーコーツィの独立戦争(〜11年)
  • 1848年 母体となる国土防衛隊が設立される
  • 1867年 アウスグライヒによりオーストリア=ハンガリー二重帝国成立/国土防衛隊は解体
  • 1914年 第一次世界大戦に参戦
  • 1918年 第一次世界大戦の敗戦でオーストリア=ハンガリー帝国解体、ハンガリー民主共和国の成立/ハンガリー軍の創設
  • 1939年 第二次世界大戦の勃発
  • 1944年 ソ連による占領統治
  • 1949年 共産主義国ハンガリー人民共和国の成立とともにハンガリー人民軍が創設
  • 1999年 NATOに加盟