デンマークの地理的特徴

北ヨーロッパ・ユトランド半島に位置するデンマークの地理的特徴について情報をまとめています。デンマークの地形や風土は以下の要素により構成されています。

 

 

デンマークの地形や風土

面積

43,094平方キロメートル

 

国境

南部でドイツと国境を接しています。

 

気候

暖流の北大西洋海流の影響で全体的に温和で、夏は涼しく、冬は暖かいという過ごしやすい気候が特徴的です。雨はあまり降りません。

 

国土の大部分が北海に面しており、全盛期にはこの海域の覇権を握り「北海帝国」を体現していました。現在は「北海帝国」とまではいかないまでも、北海で1972年に発見された北海油田により、ヨーロッパ屈指の「産油大国」となり、経済的に非常に恵まれた国となりました。

 

河川

北東部を流れるグゼノー川が国内最長です。延長約176km。

 

山・丘

デンマークの国土は全体的に平坦で、最高地点でも173mと、山といえる山は存在しません。一応、小山のモレホイが標高171mで国内最高峰となっています。

 

  • グリーンランド
  • フェロー諸島