産業革命が世界経済にもたらした影響とは?

18世紀後半からイギリスで始まった産業革命は経済にどのような影響を与えましたか?

産業革命は世界経済に大きな変化をおよぼしました。

 

蒸気機関の発明で生産が工場制手工業へシフトし、経済成長というのは機械や技術、労働力への投資で成り立つものとなりました。

 

労働者が労働の代価として資本家から賃金を得るという資本と賃金労働の関係が確立。いわゆる資本主義社会が成立しました。

 

また産業革命で生産力が爆発的に上がると、ヨーロッパ諸国は原料供給地・市場として植民地の拡大に傾倒。

 

植民地獲得競争激化の中で世界市場が形成されたのです。日本の開国もこの流れの一環でした。