フランスにおける宗教改革をわかりやすく

フランスではどのような宗教改革が行われたのかわかりやすく教えてください。

ドイツにおける宗教改革の影響はフランスにも伝わり、「ユグノー」と呼ばれるプロテスタントの誕生に繋がりました。

 

※「ユグノー」は当時は蔑称として使われていたことに注意

 

フランス国王はユグノーを迫害しましたが、信者が減ることはなく、宗教対立の過熱の末に、ユグノー虐殺(バシーの虐殺)事件が発生。

 

この事件をきっかけにユグノー戦争(1532〜98年)という長い内乱の時代に突入します。

 

1598年にアンリ4世が「ナントの王令」によりユグノーの権利を認め、60年以上にわたる戦争にようやく終止符が打たれるも、1685年に絶対王政を確立したルイ14世が、ナントの王令を廃止し、迫害を再開してしまったので、大量のプロテスタントが海外に流出。

 

宗教改革運動は終わりを迎え、今日に続くフランスのカトリック化が確定しました。