科学革命

科学革命とは、17世紀ヨーロッパで巻き起こった、自然科学の急速な発展のことです。「地動説」のガリレオ、「ケプラーの法則」のケプラー、「我思う、故に我在り」のデカルト、「万有引力」のニュートンなど、名だたる科学者がその担い手となり、近代科学の基礎を形成しました。

 

 

科学革命の前史

科学革命が起こった後と前ではなにが違うのでしょうか。それまでも・・・それこそ古代ギリシャの時代から、世にある様々な自然物質・現象の相互の関連性を探求しようとする「自然科学」に近いものはあったのです。

 

しかしいずれも曖昧なものに留まり、確かに近代科学の萌芽は内包していたものの、せいぜいが宗教・神話的性格の強い「錬金術」や「占星術」止まりでした。時代が中世に移っても、キリスト教(神)を中心とする超自然的な枠組みの中に囚われたままだったのです。

 

科学革命の要因

ところが14世紀以降、その超自然的な枠組みが解体されていくのです。東西交易の繁栄、大航海時代、ルネサンス、宗教改革、国家間戦争、「17世紀の危機」といった社会現象・変化が、それまでの常識・概念を破壊する役割を果たし、人々の思索を深め、科学的な刷新を促していきました。

 

そんな中で、顕微鏡が16世紀末に、光学望遠鏡が17世紀初めに発明されたことで、宗教的視点を廃し、観察・観測・実験・測定から、普遍的な法則をたてようとする風潮が一気に広がり、「科学の時代」が本格的に開始されたのです。

 

科学革命に結びついた出来事
東方貿易(レヴァント貿易)

イタリア商業都市の東方貿易(レヴァント貿易)活発化にともない、東方オリエント世界から自然科学に関する豊富な知識、アラビア数字などがもたらされた。

 

大航海時代

ヨーロッパの活動領域が「地球規模」に拡大する大航海時代の幕開けにともない、ヨーロッパ域外から膨大な量の「知られざる世界」の情報が流入し、人々の意識に大きな変化をもたらした。

 

国家間戦争

主権国家間の大規模戦争が頻発するようになり、より高性能な武器兵器が求められる中で、技術的刷新が加速した。

 

ルネサンス・宗教改革

ルネサンス・宗教改革により、中世来盤石だったローマ教会を始めとする様々な伝統的権威が没落した。

 

17世紀の危機

17世紀に入り、ヨーロッパを不況・凶作・飢饉・疫病・戦争・暴動などが襲い、それにともなう社会不安が科学的刷新を促した。

 

科学革命の影響

科学革命により、他の地域と比べてヨーロッパの技術的な先進性と優位が大きくなりなりました。この社会現象がもたらした、科学的発見や発明の積み重ねが、のちの産業革命の原動力となり、ヨーロッパが世界をリードしていく近代資本主義社会形成に大きく寄与することになります。

 

 
ページの先頭へ戻る