イギリス料理の特徴

イギリス料理の特徴

イギリスはイングランド、北アイルランド、スコットランド、ウェールズという4つの国の連合によりなる国で、各国ごとに違った料理文化を持っています。

 

 

イングランド料理

パンを主食に、ソーセージをはじめとした肉類やチーズが多く消費され、海に囲まれた島国ではあるものの、魚介類の消費はそこまでではありません。またインドを植民地支配していた時代の名残でインド料理が非常に人気があります。

 

北アイルランド料理

北アイルランドの食文化はイギリスとアイルランドの食文化に多大な影響を受けているのが特徴です。アイルランド同様、「ソーダブレッド」というイースト菌の代わりに重曹を用いるパンが多く消費されます。

 

スコットランド料理

豊かな自然と独自の歴史から、ジビエや魚を多用するなどイングランドとはまた異なる料理文化を持っています。イングランドとの抗争時代にフランスとの接点が多かった影響で、フランス料理の影響も強いのが特徴です。

 

ウェールズ料理

ウェルシュ・レアビットやウェルシュ・ケーキはウェールズを代表する郷土料理です。肉料理が豊富で、中でも放牧に適した土地を持つことから、ヒツジやヤギの肉がよく食べられます。

 

 

ギリシャ料理ハンガリー料理フランス料理アイスランド料理イタリア料理オーストリア料理ブルガリア料理ノルウェー料理ルーマニア料理ロシア料理トルコ料理ポルトガル料理スペイン料理アイルランド料理イギリス料理オランダ料理スイス料理ドイツ料理スウェーデン料理デンマーク料理フィンランド料理ベルギー料理