アメリカ独立戦争でフランスが独立軍を支援したのはなぜ?

アメリカ独立戦争(1775年?83年)ではヨーロッパの各国がアメリカ独立軍を支援しました。その支援を行った国の一つがフランスです。

 

なぜフランスは独立軍を支援したのでしょうか。

 

今回はフランスが独立軍を支援した理由と支援の結果を解説します。

 

 

当初は非公式に支援を行っていた

独立戦争が始まった頃、フランスは独立軍の味方になって参戦しようとはしませんでした。

 

というのも、独立軍がイギリスに勝利できるとは予想していなかったからです。

 

独立軍の味方として参戦し、イギリスに敗北した場合は、自分たちもイギリスから賠償金を請求されると考えたのです。

 

しかしフランスは内密に武器や弾薬を独立軍に供給していました。

 

また、ラ=ファイエットをはじめとする義勇兵が自発的にアメリカに渡り、独立軍を支援しました。

 

このように、当初は非公式に陰ながら支援を行うだけでした。

 

フランスが参戦した理由とは?

しかし、遂に1778年にフランスはアメリカ独立戦争に参戦します。

 

これは1777年のサラトガの戦いで独立軍がイギリスに勝利し、独立軍が優勢になったことを受けての決断でした。

 

独立軍に協力してイギリスに勝利すれば、かつてイギリスに奪われた地域を奪還できると考えたのです。

 

フランスはフレンチ=インディアン戦争(1754年?63年)でイギリスにカナダとミシシッピ川以東の地域を奪われていました。

 

これらの地域を取り返せば、イギリスの力を抑え込み、ヨーロッパの中心国として復活できると考えたのです。

 

参戦の結果

参戦の結果、フランスはイギリスからセネガルを奪還しただけでした。

 

多くの資金を使って参戦したものの、思うような利益が出ず、フランスの財政がより苦しくなるだけとなりました。

 

財政を立て直すため、フランス国王は貴族からも税を徴収しようとしました。しかしこれが反発を呼び、フランス革命の勃発へとつながったのでした。