イタリアと中国の関係

文化圏同士の関係ということならば、中国・イタリア間の関係は古代ローマ時代まで遡ることができます。

 

ローマ帝政期に多くの中国人使節がローマ帝国を訪問しています。逆にローマから中国へは紀元166年、226 年にローマ人の使節団が訪問し、皇帝に会い貢納を送るなどしています。

 

中世以降の関係

ヴェネツィア出身の探検家マルコポーロは、1271年から1295年の17年間も中国に滞在しています。その記録を記した『東方見聞録』が出版されたことで、イタリア、ヨーロッパの人々に、初めてはるか極東の中国に関する詳細な情報がもたらされたのです。

 

また一説によれば、マルコは中国で細長い食べ物を茹でているのを見て、その製法を教わり中国に伝え、これがスパゲッティに発展していったともいわれています。

 

イタリア統一以降の関係

1861年にイタリアの諸勢力が統一され、イタリア王国が成立。それから間もない1866年にイタリア王国と中国の外交関係が確立されています。そして帝国主義時代の波に乗るイタリアは、少し遅れて植民地獲得に動き出し、1901年に天津租界を手に入れました。(1937年日本軍に占領され、45年中国軍により解放、47年正式に放棄)

 

30年代以降は、ファシスト政権下のイタリアが日本と同盟を組むなどし(満州国を承認した)た影響で、両国の関係は最悪になり、1970年にイタリアが中華人民共和国を承認するまで直接的な外交関係は絶たれていました。