産業革命で蒸気機関が発明されたのはいつ?その影響は?

産業革命のきっかけとなった蒸気機関が発明されたのはいつになるのでしょうか?

実は蒸気機関の歴史は産業革命が起こるよりも古く、1699年にはイギリスのトーマス・セーベリーが蒸気のエネルギーを利用する蒸気ポンプ機関の発明に成功しています。

 

その後は

 

1712年
トーマス・ニューコメンが、初めて実用的な蒸気機関を作る

 

1765年
ジェームズ・ワットが、ニューコメンの蒸気機関の熱効率の悪さを改善

 

1802年
ウィリアム・マードックが、その後最後まで採用される蒸気機関の基本形を完成させる。

 

といったように改良が進められ、力織機、蒸気機関車、蒸気船など、あらゆる産業に利用されるようになり、産業革命最大の原動力となったのです。

 

蒸気機関の登場により、工場製機械工業が勃興し、経済体制は農業中心から工業中心にシフトしました。

 

資本家と賃金労働者で成る近代資本主義社会が成立し、現代の基礎が築かれていったのです。