ローマ神話

ローマ神話とは、古代ローマ人により創作された、12人の神々「ディー・コンセンテス」を中心とした英雄物語のことです。ただしその内容はほぼ「ギリシア神話のコピー」であり、いってしまえば、神の名前をローマ風(ラテン語)に置き換えただけのもの。「ディー・コンセンテス」というのはギリシア神話でいう「オリュンポス12神」にあたり、ゼウス→ユピテル、ポセイドン→ネプチューンといったように、ローマの神々はそれぞれ、ギリシアの神々と対応・同一視されています。

 

 

ローマ神話の歴史

古代ローマ人が「天地創造」・・・つまり「世界の成り立ち」について語る固有の神話をほとんど持っていないのはなぜでしょうか?もちろん彼らにも元々土着の伝承はありました。しかしより先進的なギリシア文化の影響を強く受けていく中で、自分たちの信仰する神々をギリシア人の信仰する神々と同一視したがため、もともと持っていた伝承はほとんど放棄してしまったのです。オリジナリティを捨ててでも、優れたものは取り入れる・・・ローマ人らしいといえばローマ人らしいといえ、だからこそ古代ヨーロッパ世界で覇権を握る突出した力を持つようになったのではないでしょうか。

 

ローマ神話の神々

ローマ神話の主神ディー・コンセンテスとそれぞれに対応するギリシアの神々(オリュンポス12神)は以下の通りです。

 

ディー・コンセンテス一覧
  1. ジュピター⇒ゼウスに相当
  2. ジュノー⇒ヘラに相当
  3. ミネルバ⇒アテナに相当
  4. アポロ⇒アポロン
  5. マーズ⇒アレスに相当
  6. ヴィーナス⇒アプロディテに相当
  7. マーキュリー⇒ヘルメースに相当
  8. ダイアナ⇒アルテミスに相当
  9. ネプチューン⇒ポセイドーンに相当
  10. ケレス⇒デメテルに相当
  11. ヴァルカン⇒ヘパイストスに相当
  12. ヴェスタ⇒ヘスティアに相当

 

ローマの建国神話

ローマ人にも独自の伝承がないわけではなく、ヨーロッパ文明の揺籃「古代ローマ」が誕生するまでの過程を描いたローマ建国神話がまさにローマ人固有の神話といえます。この建国神話によればローマは、狼に育てられたロムルスが、都を建てる場所をめぐり双子の弟レムスとの仲たがいし、闘争の末建国された、とされています。

 

 

ローマ神話に関する記事一覧

dummy
ローマ神話とギリシャ神話の違いとは?

神話とは、古代から人の間で語り継がれてきた物語です。様々な物の起源などが神を中心に説明され、世界中で信じ、学ばれています。世界には沢山の神話が存在していますが、その中で世界的に有名なのが「ギリシャ神話」と「ローマ神話」ではないでしょうか。ここでは、2つの神話の違いが分かるよう、2つの神話について簡潔に解説していきます。ギリシャ神話とは?ギリシャ神話は、古代ギリシャで語り継がれました。ギリシャ神話に...

Read More
dummy
ローマ神話における「月の女神」とは?

毎晩空で輝いている月は古くから女性のような性質を持つと言われていました。そのため、ローマ神話には夜を司る月の女神が何人も登場します。ここでは、月の女神が一体どのような神なのかを簡潔に解説したいと思います。月の神と月の性質の類似点とは?月は決まった周期を持ち、その中でゆっくりと姿を変えながら進んでいきます。そこで月の女神たちも様々な姿に変わり、人々を守ってきました。基本的には、満ちる月・満月・欠ける...

Read More
dummy
ローマの「建国神話」のあらすじ

ローマの「建国神話」とは、古代ローマが誕生するまでの神話、伝承のことです。代表的なものとしては、「アイネイアースの伝承」や、「ロームルスのローマ建国」などがあり、ここでは、そのあらすじを解説します。「アイネイアースの伝承」とはアイネイアースは、トロイア王家のアンキーセースと女神ウェヌスを両親とする半神の英雄です。トロイア戦争に身を投じ、トロイアの滅亡後は、新たな居住地を求めて旅に出ます。そして苦難...

Read More
dummy
ローマ神話における「海の神」とは?

ローマ神話における「海の神」とは、ネプトゥーヌスのことです。多くのローマ神話の神々同様、ネプトゥーヌスの物語も、大部分がギリシャ神話の海の神ポセイドーンの流用です。ネプトゥーヌスの来歴ネプトゥーヌスは、ローマ神話における海の神です。妻は海水の女神、サラーキアとされています。ポセイドンと同一視される前、古代ローマにおいてネプトゥーヌスがどのような神であったかはよく分かっていませんが、河や湖を司る水の...

Read More
dummy
ローマ神話における「犬の怪物」とは?

ローマ神話における「犬の怪物」とは、ケルベルスのことです。ギリシャ神話におけるケルベロスとは読み方が違うのみで、伝わる伝承にはほとんど違いがありません。ここでは、一般的に広く知られているケルベロスという名前で、その性質や神話について紹介していきます。ケルベロスの来歴ケルベロスは冥府の入り口を守護する番犬です。冥界から逃げだそうとする亡者を捕まえてむさぼり食うとされており、一般的には3つの頭と竜の尾...

Read More
dummy
ローマ神話における「勝利の女神」とは?

ローマ神話における「勝利の女神」とは、ウィクトーリアのことです。ギリシャ神話における女神ニーケーに相当しますが、異なる点もあります。ここでは、ローマ神話における「勝利の女神」、ウィクトーリアについて解説していきます。ウィクトーリアの来歴ウィクトーリアは本来、イタリア中部に住んでいたサビニ人が信仰していた、農耕神ヴァクナの流れを汲む女神です。パラティーノに神殿があり、当時勝利の女神とされていたヴィカ...

Read More
dummy
ローマ神話における「愛の神」とは?

ローマ神話における「愛の神」とは、クピドのことです。英語ではキューピッドと呼ばれ、弓矢を持った愛らしい少年の姿は日本でもよく知られています。ここでは、恋心と性愛を司る神、クピドについて解説します。クピドの来歴について恋心と性愛を司る神クピドは、ギリシャ神話におけるエロースと同一視されています。エロースは、すべての神々の祖にあたるカオス、大地の女神ガイア、奈落の神タルタロスに続いて4番目に生まれた神...

Read More
dummy
ローマ神話はギリシャ神話の「パクリ」なの?

ローマ神話とギリシャ神話には、それぞれ対応する神がおり、とても似たエピソードを持っています。では、ローマ神話はギリシャ神話の「パクリ」なのでしょうか。ここでは、その真偽について解説していきます。ローマ神話はギリシャ神話の「パクリ」なのかギリシャ神話は、紀元前15世紀頃から始まったとされており、当初は吟遊詩人達が、古くから伝わる神々や英雄の物語を、口承で伝えるというものでした。祭典などで歌われた神話...

Read More
dummy
ローマ神話における「風の神」とは?

ローマ神話における「風の神」は、ウェンティです。これはギリシャ神話のアネモイと同じく、風の神全般のことを指しています。ローマ神話にはギリシャ神話同様、多くの風の神が登場します。ローマ神話における上位のウェンティローマ神話における上位のウェンティは、4柱と言われています。そのううちの1柱、アクィロー、もしくはアクィロンは北風の神で、非常に強く、荒々しかったとされています。一般的には、ほら貝を持ち、突...

Read More
dummy
ローマ神話における「最高神」とは?

ローマ神話における「最高神」はユーピテルです。英語読みではジュピターとなり、「木星」の意味もあるため耳馴染みがあるかもしれません。ユーピテルはギリシア神話のゼウスと同一視されることも多いですが、それ以前からローマの神々の中心に位置する神でした。ユーピテルの来歴ユーピテルは、古くは天空の神、気象を司る神とされていました。のちにローマ神話の最高神となり、ギリシャ神話のゼウスと同一視されるようになります...

Read More
dummy
ローマ神話における「三主神」とは?

ローマ神話における「三主神」とは、最高神であるユーピテルと、その妻ユーノー、さらにこのふたりの娘であるミネルウァを指すのが一般的です。しかしローマ帝国の、1000年以上とも言われる長い歴史の中ではメンバーが違っていたこともあります。ここでは、ローマ神話における「三主神」について解説していきます。ローマ神話の「三主神」とはローマ神話の三主神は、「カピトリヌスの三神」と呼ばれ、イタリアやその周辺の同盟...

Read More
dummy
ローマ神話における「知恵の神」とは?

ローマ神話における「知恵の神」とは、ミネルウァのことです。ミネルウァは知恵の神であると同時に商業や工芸、戦争の神でもあり、ギリシャ神話のアテーナーと同一視されます。ミネルウァの来歴ミネルウァは古代ローマの女神であり、もともとは詩や医学、商業などあらゆる知恵を司っていました。ローマ神話における最高神ユーピテル、その妻ユーノーとともに、国家神として、カピトリヌス丘のユピテル神殿に祀られています。後にギ...

Read More
ページの先頭へ戻る