ヨーロッパ州の定義とは|範囲は?「大陸ヨーロッパ」との違いは?

ヨーロッパ州の定義とは|範囲は?「大陸ヨーロッパ」との違いは?

「ヨーロッパ州」の定義と範囲|「大陸ヨーロッパ」との違いとは

ヨーロッパ(ヨーロッパ州、ヨーロッパ大陸)の定義というのは実は結構あいまいで、確実に共有できる認識というのは「ユーラシア大陸北西の半島部にあたる地域」くらいのものです。ヨーロッパとはあくまでユーラシア大陸の一部であり、アフリカ大陸、アメリカ大陸のように孤立した大陸ではなく、歴史・文化・伝統などを基準に、ある程度の同一性から形成された区分です。

 

そのためヨーロッパの定義により厳密性を求めれば、政治的立場によってそこに含まれる国・地域が違ってくるので、絶対的な基準を示すことは難しいです。しかし当サイトでは基本的に、国際連合によるヨーロッパの基準を引用し、ヨーロッパという地域を扱っています。190カ国以上が加盟する国際組織による「あくまで便宜上の定義」ということで、最も中立的だと思うためです。

 

国連によるヨーロッパの定義

国連は東西南北を以下の要素に囲まれた範囲をヨーロッパ州と定義しています。

 

ヨーロッパの境界基準一覧

西:北大西洋
:ウラル川/ウラル山脈/カスピ海
:地中海/黒海/ボスポラス海峡/コーカサス山脈
:バレンツ海/ノルウェー海

 

ヨーロッパ大陸の範囲地図

0_map_europe_region_asia(world).png

ヨーロッパ アジア
(画像クリックで拡大表示)

 

大陸ヨーロッパとは

ヨーロッパ州とは別に、大陸ヨーロッパ(欧州本土/本土欧州とも)という概念があります。これはヨーロッパのうちアイスランド・アイルランド・イギリスなどの島国を除く諸国のことを指す概念です。イギリスは、政治/経済/社会あらゆる面で本土の国々と性質的に差が大きいので、あえて本土と切断する概念が生まれました。

 

トップへ戻る