イギリスはヨーロッパではないのか|欧州本土との様々な違いを知ろう

イギリスはヨーロッパではないのか|欧州本土との様々な違いを知ろう

イギリスはヨーロッパではないのか|欧州本土との様々な違いを知ろう

イギリス(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)はヨーロッパ大陸北西部の、グレートブリテン島とアイルランド島北東部で構成される島国です。一応ヨーロッパ州に分類される国ではありますが、他のヨーロッパ諸国とは文化的な違いが大きく、かなり特異な存在といえます。

 

 

ヨーロッパ大陸と大陸ヨーロッパの違い

多くのイギリス人は、イギリスはヨーロッパに属すると認識しながらも、大陸ヨーロッパ(英:Continental Europe)のことをあくまで異文化圏と認識していると思います。大陸ヨーロッパ(欧州本土/本土欧州とも)という言葉に馴染みがない人も多いかもしれません。これはヨーロッパ大陸とはまた意味が違う言葉で、ユーラシア大陸と直接繋がるヨーロッパ本土部分のことを指します。イギリス、アイルランド、アイスランドといった島国を含まないヨーロッパ諸国が大陸ヨーロッパに含まれます。

 

なぜイギリスは文化的独立性が強いのか

イギリスはヨーロッパではありますが、政治・経済・社会などあらゆる面で、大陸ヨーロッパ諸国とは一線を画しています。これはイギリスが島国ということもあり、かつてヨーロッパを支配したローマ帝国の影響をあまり受けず、大陸ヨーロッパとは異なる独自の文化を発展させてきたからです。イギリス王室はフランス諸侯に由来しているので、百年戦争以前はヨーロッパとの繋がりもそれなりに強かったのですが、百年戦争敗北後はヨーロッパ離れが加速していきました。

 

イギリスと大陸ヨーロッパ諸国(欧州本土)との違い一覧
旗:国旗:イギリス.pngイギリスの文化 旗:欧州旗.png大陸ヨーロッパの文化
通貨 ポンド ユーロ
法体系 コモン・ロー(慣習法) 大陸法(市民法)
単位系 ヤード・ポンド法(日常で多用) メートル法
交通規定 右ハンドル左側通行 左ハンドル右側通行
言語 基本母国語のみ バイリンガルが珍しくない
宗教 イギリス国教会 ローマ教会

 

ヨーロッパ諸国とは足並みが異なるイギリス

こういった背景があるので、イギリス人の多くは自分をヨーロッパ人(ユーロピアン:European)と思っていないし、逆にヨーロッパ人の多くはイギリス人のことをヨーロッパ人とは思っていません。EU共通通貨(ユーロ)でない独自通貨の採用にしろ、近年のEU離脱(ブレグジット)問題にしろ、大陸ヨーロッパ諸国と足並みが異なることが多いのはそのためです。

 

イギリスがEU離脱したらヨーロッパじゃなくなる?

しばしば誤解されますが、EU(欧州連合)=ヨーロッパではありません。ヨーロッパとはユーラシア大陸西端地域のおよそ50カ国を指す呼称。対してEUとは、ヨーロッパの28カ国(2019年現在)からなる、ヨーロッパの経済統合実現を目指す国際機構のことです。イギリスがEUから離脱したところで、ヨーロッパ諸国の一員であることには変わりありません。

 

 

イギリスは、大陸ヨーロッパ諸国より、かつてイギリスの植民地支配下にあったアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドといった他州の国との共通点が多いですね。


トップへ戻る