十字軍により行われた蛮行とは?

十字軍により行われた蛮行について教えてください。

十字軍遠征における蛮行といえば、やはり第四回のコンスタンティノープル襲撃が有名ですが、第四回以外でも多かれ少なかれ蛮行と呼ばれる行為は行われています。

 

第一回遠征(1096年 - 1099年)での蛮行

唯一成功した第一回の十字軍遠征ですが、イスラム支配下の都市を征服する中で、十字軍による略奪や老若男女問わず無差別の虐殺・強姦などがあったといわれます。この暴虐をきっかけに、それまで反目しあっていたイスラム教徒は一致団結し、その後の展開を決定づけたといった言い過ぎでないでしょう。

 

第四回遠征(1202年 - 1204年)での蛮行

第四回十字軍は、聖地奪還という本来の目的より政治的・経済的な利益を優先し、ビザンツ帝国の首都コンスタンティノープルを襲撃しました。この際住民に対し苛烈極まる略奪・虐殺行為が行われたため、最も悪名高い十字軍として知られます。

 

 

 

そしてこの襲撃によりイスラム勢力と隣接するキリスト教勢力の力が大きく削がれたので、結果的にイスラム勢力の伸長を許し、15世紀の東ローマ帝国滅亡のきっかけを作ってしまうという、二重に愚かな蛮行となったのでした。