ヨーロッパの気候と偏西風の影響|高緯度でも暖かい理由

ヨーロッパの気候と偏西風の影響|高緯度でも暖かい理由

ヨーロッパの気候と偏西風の影響|高緯度でも暖かい理由

ヨーロッパの気候は、他の同緯度地域と比べたら暖かい傾向にあります。同緯度帯であっても気温に差が出るのは、ヨーロッパに吹き付ける偏西風(=地球を西から東に周回している大気の流れ)の影響が大きいといえます。

 

 

偏西風がヨーロッパを温める理由

ヨーロッパの気候と偏西風の影響|高緯度でも暖かい理由

 

北大西洋の赤道付近(亜熱帯)で暖流(高温な海流)が形成されており、この暖流はヨーロッパの西岸まで流れています。暖流の上で暖められた空気が、偏西風に乗り、ヨーロッパ全体に吹き付けているので、ヨーロッパは他の同緯度地域よりも暖かいのです。

 

このような「暖流によって暖められた空気が風にのって陸地に流れ込む地域の気候」を西岸海洋性気候といいます。

 

西岸海洋性気候の特徴

西岸海洋性気候はケッペンの気候区分の一つで、夏は涼しく、冬はそれほど気温が下がらず暖かいのが特徴です。偏西風が豊富な水分を含んでいるので、年間通して雨が多い気候区でもありますね。北西ヨーロッパ(イギリス、フランス、ベネルクス三国、ドイツなど)に支配的な気候です。

 

西岸海洋性気候の、ほどよい夏の暑さは、良質な牧草を育てるのに絶好の環境で酪農がさかんに行なわれています。

 

トップへ戻る