アメリカ独立戦争でスペインが独立軍を支援したのはなぜ?

アメリカ独立戦争(1775年?83年)ではヨーロッパの各国がアメリカ独立軍を支援しました。

 

フランスに次いで2番目にアメリカの味方となって参戦したのがスペインです。

 

なぜスペインは独立軍を支援したのでしょうか。今回はスペインが独立軍を支援した理由と支援の結果を解説します。

 

 

当初は独立軍を支持していなかった

アメリカ独立戦争が始まった頃、スペインはアメリカの独立を支持しようとしませんでした。

 

というのも、独立戦争に参加することでアメリカ大陸の自分たちの植民地が脅かされると考えたからです。

 

フランスはスペインに、アメリカの味方になって独立戦争に共に参加するよう働きかけていました。

 

フランスはフレンチ=インディアン戦争(1754年〜1763年)でイギリスに奪われた地域を取り戻す絶好の機会だと考えたからです。

 

しかしそんなフランスに対して、自分たちの植民地を守りたいスペインは参戦しようとはしませんでした。

 

スペインが参戦した理由とは?

しかしフランスが参戦した翌年の1779年に、遂にスペインはアメリカ独立戦争に参戦します。

 

参戦の理由は、かつてイギリスに奪われたジブラルタル、メノルカ島およびフロリダを奪還することでした。

 

フランスがこれらの地域をスペインのために奪還することを条件に、スペインが参戦するという内容の条約が結ばれました。

 

当時、フランスとスペインの君主権はどちらもブルボン家にありました。そのため血のつながりを大切にし、お互いの利益のために両国は参戦を決断したのでした。

 

参戦の結果

参戦の結果はスペインにとっては今一つなものとなりました。

 

スペインはメノルカ島とフロリダをイギリスに返還してもらったものの、ジブラルタルの返還は叶いませんでした。

 

現在でもジブラルタルはイギリスの領土となっており、今なおこの領土問題は続いています。