ドイツ革命

ドイツ革命は、第一次大戦中に皇帝が亡命に追いやられ、帝政支配に終止符を打ったドイツの共和革命です。1918年11月のキール軍港の水兵反乱を皮切りに開始され、19年1月の国民議会選挙によるワイマール共和国成立をもって終了しました。

 

ドイツ革命の影響

第一次世界大戦の終結

1914年以降、ドイツ帝国は三国同盟として第一次世界大戦に参戦していました。しかし戦争長期化がもたらす、膨大な人的・物的被害、経済不況はドイツ国民の帝国政府に対する不満を高めていき、その結果勃発したのがこの革命なのです。革命によるドイツ帝政転覆を受け三国同盟は崩壊し、自動的に第一次世界大戦にも終止符が打たれました。

 

ワイマール共和国の建国

第一次大戦終結後、ドイツ国内は急進派と穏健派の対決で一時内戦状態に陥りますが、これをなんとか収束させた後、19年1月19日ワイマールに国民議会を召集。ここでベルサイユ条約を受け入れることで国際復帰を遂げるともに、当時にして最も民主的と評されるワイマール憲法を採択し、新生ドイツ「ワイマール共和国」として再スタートを切ったのです。

 

ファシズムの台頭

新生ドイツは、最初こそ莫大な戦後賠償金に苦しめられていましたが、アメリカによる救済(ドーズ案など)もあり、何とか経済を軌道に乗せることができていました。しかし世界恐慌(1929-)が起こるとそんな復興の努力も無に帰し、不況による社会不安がファシズム政党ナチスの躍進に繋がってしまうのです。

 

1933年にはヒトラー政権が樹立され、戦後もっとも自由で民主的といわれた国は、軍備増強・対外強硬に加え、強烈なユダヤ差別主義を孕んだ独裁国家に変貌してしまいました。

 

 
ページの先頭へ戻る