ヨーロッパの国家

国家とは、簡単にいえば一定の「領土」と「人民」を持つ政治組織、領土内の人民に対して一定の強制力を持つ「権力」のことです。この領域・人民・統治権の三要素を備え、統治権内の利害調整・社会秩序維持を行うのが、今日的な「国家」の役割です。

 

今日的な国家とは「国民国家(nation-state)」、つまり「“民族(nation)”が主導し成立した国家(state)」という意味で、現在南極以外の全ての陸地はいずれかの主権国家の統治下にあります。しかしそんな統治形態が生まれたのは近世以降のヨーロッパでのことで、実はそれ以前に私たちがイメージするような「国家」は存在しませんでした。今日の国民的アイデンティティ言語や文化というものは、国民国家の形成過程で、国旗国歌の制定や、言語や文字の標準化が行われた結果といえます。

 

 

国家の歴史

集団(クニ)の成立

国家の起源は先史時代までさかのぼります。人間というのはそもそも身体的には脆弱な生き物で、強力な爪もなければ牙もありません。そのため太古の人類が、捕食動物から身を守ったり、協力して食料調達をするために形成した「集団(クニ)」が最も原始的な国家の形態といえます。

 

都市国家の成立

ヨーロッパでは紀元前8世紀頃になると都市国家(ポリス)と呼ばれる都市サイズの政治共同体がギリシアを中心に繁栄するようになります。このギリシアポリス社会は前5世紀に最盛期を迎え、この時期栄えた、政治・文学・哲学・芸術・科学など様々な文化が、のちのヨーロッパ文明の基礎となりました。

 

領域国家の成立

やがて都市国家の中から、周囲の民族や都市国家を次々服属させ、広大な領域国家を形成する国家が現れます。前8世紀半ば、都市国家として成立した古代ローマはその最たる例です。同国は強大な軍事力を背景にみるみる領土を拡大し、前1世紀から1世紀にかけて地中海世界全域と西ヨーロッパの大部分を支配する大帝国を形成しています。このローマ帝国時代に、ラテン文字やキリスト教といったヨーロッパ文化の基礎的な要素が広く普及したことで、現在のヨーロッパ世界の原型が成立したのです。

 

封建国家の成立

西ローマ帝国が崩壊し時代が中世に移ると、領域国家に代わり封建国家と呼ばれる、「封建的主従関係」の下で組織された国家が登場するようになります。「封建的主従関係」とは、簡単にいえば「WinWin」な関係のこと。つまり中世ヨーロッパというのは、ヨーロッパ各地の領主(諸侯)が、より強大な領土と軍事力を持つ領主(王、皇帝)に保護を求める見返りに、軍事力や税を支払う・・・という双務的な契約関係が社会の主流を占めた時代だったのです。

 

主権国家の成立

百年戦争の終結頃(15世紀半ば)から、封建領主の没落により、王権が伸長し、絶対王政(主権国家体制の初期形態)への移行が開始されました。ヨーロッパにおける主権国家体制は、三十年戦争の講和条約ウェストファリア条約(1648年)の締結によって完成をみました。

 

国民国家の成立

18世紀になると、絶対王政の衰退と自由主義・民族主義の高まりの中、ヨーロッパ全土で市民革命(イギリス革命フランス革命1848年革命など)が勃発するようになります。その結果、ヨーロッパでは民族が主導する国民国家というスタイルが主流になっていき、さらに19世紀後半に始まる帝国主義列強による世界分割と、第二次世界大戦後にヨーロッパの旧植民地が次々と独立していったことで、ヨーロッパ以外でも国民国家スタイルが主流になったのです。

 

 

ヨーロッパの国家一覧(五十音順)

dummy
アイルランド自由国

アイルランド自由国は、アイルランド独立戦争(1919〜21年)の結果、1922年に成立した立憲君主制国家です。長年続くアイルランド人の独立闘争の末成立した国といえますが、その背景となった英愛条約では、アイルランドに自らの行政府、立法府を持つこと、外交権も認める一方で、軍事権・貿易権・漁業権・関税権に制限をかけ、イギリス国王への忠誠まで求めていました。つまりアイルランド自由国とは、一応の自治は認めら...

Read More
dummy
アマルフィ公国(共和国)

アマルフィ公国(Ducato di Amalfi) もしくはアマルフィ共和国(Repubblica di Amalfi)は、10世紀から12世紀にかけ、現在の南イタリア・カンパニア州のアマルフィに存在した都市国家です。中世以来海港都市として発展し、ヴェネツィア共和国やジェノヴァ共和国にその座を奪われるまで、イタリアの地中海貿易の中心地として重要な役割を担っていました。現在アマルフィといえば、「世界...

Read More
dummy
イタリア王国

イタリア王国(伊:Regno di Italia)は、1861年から1946年まで存続した現イタリア共和国の前身国家です。18世紀中期から始まるサルデーニャ王国主導のイタリア統一運動(リソルジメント)の結果成立し、第二次世界大戦後、国民投票による王政廃止(共和政へ移行)にともない滅亡しました。イタリア王国の歴史王国の成立イタリアは西ローマ帝国崩壊(5世紀中頃)以来、小国分立と周辺王国の利権争いによ...

Read More
dummy
イタリア社会共和国

イタリア社会共和国(伊:Repubblica Sociale Italiana、RSI)は、1943年9月から1945年4月にかけ、北イタリアを拠点に存続していた国家です。第二次世界大戦中、ムッソリーニを元首とするナチス・ドイツの傀儡国として成立。ガルダ湖湖畔のサロに政府が置かれたことから「サロ共和国(Repubblica di Salo)」とも呼ばれます。名目上、首都はローマに置かれ、戦況に応じ...

Read More
dummy
ヴェネツィア共和国

ヴェネツィア共和国(Republica de Venessia)は、中世から近代初期にかけて、現在のヴェネツィアを中心に栄えていた共和政国家です。東ローマ帝国の自治領として成立して以来、東方貿易を背景に目覚ましい発展を遂げ、14世紀には「アドリア海の女王」として海上覇権を振るうようになりました。しかし16世紀に大航海時代が始まると、海上交易の中心が大西洋に移行したため衰退が始まり、18世紀末、フラ...

Read More
dummy
オスマン帝国

オスマン帝国は1299年から1922年にかけて存在したイスラム王朝国家で、現トルコ共和国の前身です。もとはアナトリアの片隅の小国に過ぎませんでしたが、やがて東地中海世界全域を制し、ヨーロッパキリスト教世界最大の脅威として東方に立ちはだかるようになりました。一方で繁栄期に整備された中央官僚制度がヨーロッパ諸国のモデルにされるなど、ヨーロッパ世界の発展に貢献した面もあるのです。首都は旧ビザンツ帝国の首...

Read More
dummy
キエフ大公国

キエフ大公国は、9世紀後半から13世紀半ばまで存在した国家で、「ルーシ」と呼ばれる北欧系のバイキングにより築かれた国なので「ルーシ」の国号でも通っていました。現在のロシア、ウクライナ、ベラルーシの祖とされる国家です。キエフ大公国の歴史成立882年、キエフ(現ウクライナの首都)を占領したスウェーデン出身のノルマン人バイキング・リューリク一族のオレーグにより成立。その後は黒海やカスピ海を通じた交易で栄...

Read More
dummy
教皇領

教皇領とは、8世紀半ばより19世紀末まで中部イタリア地域に存在した、ローマ教皇により支配されていた領土のことです。ローマ教皇=「神の代理人」を君主とする教皇国家(Papal State)とも言い換え可能で、カトリックが権威を持っていた中世ヨーロッパ社会ではとりわけ強い影響力を持っていました。教皇領の成立教皇領はローマ帝国時代の「ペテロの遺産」に起源を持ち、756年、フランク王ピピンがランゴバルド王...

Read More
dummy
サヴォイア公国

サヴォイア公国(伊:Ducato di Savoia)は、15世紀から18世紀にかけ、イタリア北西部とフランス南東部に勢力を築いていた公国です。サルデーニャ王国(後のイタリア王国)の前身となりました。フランスを発祥とする国家ですが、16世紀には拠点をイタリアのピエモンテ地方に移し(フランスのシャンベリから、イタリアのトリノに遷都)たため、徐々にイタリア系国家としての色彩が強くなっていきました。サヴ...

Read More
dummy
サルデーニャ王国

サルデーニャ王国(伊:Regno di Sardegna)は、18世紀から19世紀にかけ、現イタリアのピエモンテ州、リグーリア州、サルデーニャ州などを支配していた、イタリア王国の前身となった国家です。サヴォワ(現在のフランス南東部)出身のサヴォイア家が代々君主を務める王政国家でもありました。なお拠点がイタリア半島のピエモンテ地方に置かれていたため、ピエモンテ王国とも呼ばれます。サルデーニャ王国の歴...

Read More
dummy
神聖ローマ帝国

神聖ローマ帝国と自称し、そしていまだにそうしているこの集団は、 いかなる点においても神聖でもなければ、ローマ的でもなく、ましてや帝国ですらない。ヴォルテール著『歴史哲学序論 -諸国民の風俗と精神について-』より神聖ローマ帝国は、10世紀から19世紀にかけて、ドイツ語圏(現在のドイツ、オーストリア、スイスなどにまたがる領域)に存在した領邦国家の共同体です。この「帝国」の台頭にともない、ヨーロッパ史に...

Read More
dummy
シチリア王国

シチリア王国(伊:Regno di Sicilia)は、12世紀から19世紀にかけて、シチリア島を拠点に南イタリア一帯を支配していた王国です。13世紀の内乱で国土が分裂しましたが、19世紀初頭に再統一がなされ、両シチリア王国が成立しています。シチリア王国の歴史繁栄11世紀末、ロジェール1世率いるノルマン人勢力が、イスラム勢力を駆逐してシチリアを征服。1130年その子ロジェール2世が「シチリア王」の...

Read More
dummy
ジェノヴァ共和国

ジェノヴァ共和国(伊:Repubblica di Genova)は、現在のイタリア・ジェノヴァを拠点とし11世紀初頭から18世紀末にかけて存在した海洋国家です。中世以来海上交易により発展を遂げ、11世紀から12世紀にかけては地中海の覇権国として高い国際的地位を誇っていました。アメリカ大陸を「発見」したことで知られるコロンブスの出身地としても有名です。ジェノヴァの歴史繁栄ジェノヴァは古代ローマ時代に...

Read More
dummy
ソビエト連邦

ソビエト社会主義共和国連邦(通称:ソ連、ソビエト連邦)は、ロシア革命後のソビエト政権によって創建された、ロシア帝国を前身とする社会主義国家です。ロシア内戦を経た1922年の成立から、ペレストロイカによってソ連共産党が解体される1991年まで存続しました。冷戦時代、ソ連の超大国化とそれにともなう共産圏の拡大は「ヨーロッパの東西分断」を引き起こし、西ヨーロッパ諸国(資本主義国)にとって重大な脅威であり...

Read More
dummy
大英帝国

大英帝国(イギリス帝国)とは、大航海時代以後の、イギリス本国と植民地を含めた全領域を指す呼び名です。19世紀後半から20世紀の前半にかけての最盛期には、世界のおよそ6分の1、南アメリカ・中国など「非公式の帝国」も含めればおよそ4分の1がイギリス王冠のもとに置かれていました。今でこそアメリカ合衆国がその地位にいますが、かつてはイギリスの動向一つに世界の平和秩序が左右される「パックス=ブリタニカ(イギ...

Read More
dummy
トスカーナ大公国

トスカーナ大公国(伊:Granducato di Toscana)は、16世紀から19世紀にかけ現在のトスカーナ州全域を支配した、フィレンツェを首都とする国家です。16世紀後半フィレンツェ公国を前身として成立し、19世紀後半、イタリア統一運動(リソルジメント)の中でサルデーニャ王国に併合されていきました。トスカーナ大公国の歴史繁栄トスカーナ大公国は、1569年、フィレンツェ公国のコジモ1世が、ロー...

Read More
dummy
ナポリ王国

ナポリ王国(伊:Regno di Napoli)は、13世紀末から19世紀初頭にかけて、現在のナポリを拠点とし、南イタリア一帯を広く支配した王国です。13世紀、内乱でシチリア島を追われたアンジュー家により、シチリア王国より分離する形で成立。ナポレオン戦争終結後、シチリア王国と再統合することで両シチリア王国として再スタートしています。ナポリ王国の歴史成立1140年、イタリア南部一帯を支配下に置くノル...

Read More
dummy
東ローマ帝国

ローマの機構や行政、ローマ帝国・皇帝という自己認識でもないし、古代ギリシアの遺産や教育制度の存続でもない。ビザンツの特徴はそれらの融合にあった。ジュディス・ヘリン著『ビザンツ〜驚くべき中世帝国〜』より東ローマ帝国(ビザンツ帝国)は、コンスタンティノープル(現イスタンブール)を首都とするローマ帝国の東方領土です。西ローマ帝国の滅亡後も存続し、最盛期にはギリシャ、小アジア、シリア、エジプトなど東地中海...

Read More
dummy
東ゴート王国

東ゴート王国(Ostrogothic Kingdom)は、西ローマ帝国滅亡後の中世初期において、イタリアのほぼ全域を支配下においていた王国です。497年、元ローマ帝国副帝テオドリックにより成立。ゴート人とローマ人で支配体系を分ける「分離統治」を行いつつ、ローマ法は踏襲するなどし、ローマ文化の保護発展にも積極的に寄与しました。553年東ローマ帝国の侵攻を受けて滅亡。東ゴート王国の歴史成立476年、ゲ...

Read More
dummy
ピサ共和国

ピサ共和国(伊:Repubblica di Pisa)は、11世紀から15世紀初頭にかけて、現在のトスカーナ州ピサを中心に栄えていた共和政国家です。ティレニア海沿いの商業港として発展、全盛期にはヴェネツィア共和国、ジェノヴァ共和国などと肩を並べる大国に成長し、地中海の覇権をめぐり争いました。しかし14世紀後半から衰退が始まり、1406年にフィレンツェ共和国に併合される形で滅亡しています。ピサ共和国...

Read More
dummy
フランク王国

フランク王国は、西ローマ帝国の崩壊後、北西ヨーロッパに定着したフランク人により建国されたゲルマン系国家です。周囲のゲルマン部族を吸収しながら勢力を拡大し、8世紀末には現在のフランス・ドイツ・イタリア北部にまでまたがる大帝国を築き上げました。9世紀には王国領が3つに分裂し、それがそれぞれ現在のフランス・ドイツ・イタリアの原型になりました。またローマ教会との繋がりから「キリスト教の保護者」の役割を担い...

Read More
dummy
フィレンツェ共和国

フィレンツェ共和国(伊:Repubblica fiorentina)は、12世紀から16世紀にかけてイタリアに存在した共和政国家です。ただし「共和政」とは名ばかりで、実態はメディチ家による専制政治国家であり、その強力な統治のもと、14〜16世紀にはルネサンス文化の中心地として大いなる繁栄を享受したのです。16世紀、コジモ1世がトスカーナ大公位を受けたことで、トスカーナ地方全域を支配下におさめるトス...

Read More
dummy
ベネヴェント公国

ベネヴェント公国(伊:Ducato di Benevento)は、6世紀から11世紀にかけて、イタリア南部で栄えていた国家です。西ローマ帝国崩壊後、ゲルマン一派のランゴバルド族がイタリア半島に侵入し、ランゴバルド王国を建国。同王国はイタリア半島全域に勢力を拡大し、各地に諸侯を配置しました。そして6世紀後半、その諸侯の中から独立し成立したのがベネヴェント公国であり、774年、フランク王カール大帝によ...

Read More
dummy
ポーランド・リトアニア共和国

ポーランド・リトアニア共和国は、ルブリン合同により成立した、ポーランド王国とリトアニア大公国で成る複合君主制国家です。1569年から1795年まで存在。ヨーロッパ〜アジアを繋ぐ貿易路として栄え、全盛期にはヨーロッパで1,2を争う強国として強い国際的影響力を持っていました。しかし17世紀中頃から衰退が始まり、最終的には周囲の大国(ロシア・プロイセン・オーストリア)により領土を奪いつくされ滅亡していま...

Read More
dummy
ミラノ公国

ミラノ公国(伊:Ducato di Milano)は、14世紀から18世紀まで存在していたイタリアの国家です。ヴィスコンティ家の治世で最盛期を迎え、同家断絶後は、スフォルツァ家、フランス、スペイン、オーストリアと支配者が変わっていき、最後にはナポレオンに征服され滅亡しました。ミラノ公国の歴史成立ミラノは11世紀以降、毛織物や武器製造を中心とした工業で発展。13世紀からヴィスコンティ家が都市を支配す...

Read More
dummy
モスクワ大公国

モスクワ大公国は、現モスクワを首都として、中世時代に繁栄していたロシアの公国です。ロシア帝国および現ロシア連邦の前身国家といえ、15世紀末、250年間にもおよぶモンゴル支配「タタールのくびき」に終止符を打ち、ロシアの独立と統一を達成しています。モスクワ・ルーシとも。モスクワ大公国の歴史13世紀後半、ウラジミール大公アレクサンドル・ネフスキーの息子ダニールの所領として成立。クリコヴォの戦い(1380...

Read More
dummy
ランゴバルド王国

ランゴバルド王国(伊:Regno longobardo)は、ランゴバルド族により建国され、6世紀から8世紀にかけ存続した王国です。現在のロンバルディア州を主な領土としたことから、ロンバルディア王国とも呼ばれます。成立以降、ランゴバルド族は独自の文化を捨て、急速にローマ化していきましたが、彼らがこの国に残した慣習法は後のイタリア政治にも大きな影響を与えています。ランゴバルド王国の歴史5世紀初め、エル...

Read More
dummy
両シチリア王国

両シチリア王国(伊:Regno delle Due Sicilie)は、19世紀初頭、シチリア王国とナポリ王国の統合により成立した、ブルボン家支配の王国です。19世紀後半に始まるイタリア統一戦争の中、千人隊のガリバルディに征服され滅亡したため短命に終わりました。両シチリア王国の歴史成立ナポレオン戦争終結後、戦後の国際秩序を決定するウィーン会議で、「シチリアの晩鐘」以来分裂状態にあったシチリア王国と...

Read More
dummy
ローマ帝国

ローマ帝国は、かつてイタリア半島を拠点にヨーロッパの広い領域を支配した古代の超大国です。紀元前8世紀の建国以降、軍事力を背景に勢力を拡大し、前3世紀にはイタリア半島を、前1世紀半ばには西ヨーロッパ全域を平定、同世紀末には地中海世界全域の統一を果たし、史上類を見ない大帝国を築き上げました。帝国が覇権を握る時代は、4世紀後半に始まる「ゲルマン民族の大移動」で終わりを告げますが、ローマの持った言語や宗教...

Read More
dummy
ロシア帝国

ロシア帝国は1721年から1917年までに存在した、現ロシア連邦の前身と位置付けられている帝国です。帝都はペテルブルグ。西欧化改革による発展で、国際社会から「帝国」として承認されたことで成立。最盛期には北欧にまで版図を伸ばし、ヨーロッパ五大国の一角として強い国際的影響力を持っていました。20世紀に入ると経済危機に見舞われ、ロシア革命により崩壊。その版図はソビエト連邦が引き継ぎました。ロシア帝国の特...

Read More
dummy
ロシア・ツァーリ国

ロシア・ツァーリ国とは、1547年、モスクワ大公国のイヴァン四世が「ツァーリ(皇帝)」の称号を称したことで成立した国家です。この時点での皇帝位はあくまで自称であり、国際的承認を受けたわけではありませんでしたが、18世紀に名実ともに「帝国」となり、1721年ピョートル1世の宣言によりロシア帝国に昇格しています。ロシア・ツァーリ国の歴史16世紀初め、モスクワ大公国が北東ロシアの統一を成し遂げ、1547...

Read More
ページの先頭へ戻る