ローマ帝国がキリスト教を国教化したのはなぜ?

 

古代ローマの宗教といえば長らく、ローマ神話信仰や、皇帝崇拝(帝政以降)が支配的であり、多神教を否定し、皇帝崇拝を拒否するキリスト教は迫害の対象でした。しかしそんなローマ帝国で、キリスト教を国教化したのはなぜなのでしょうか?ここでは国教化へといたる流れを簡単に解説します。

 

 

国教化以前のキリスト教迫害

ローマ帝国はもともとキリスト教について、法的な禁止等あからさまな迫害はせず、基本的には容認の姿勢を取っていました。迫害はあったものの、散発的なもので、国が主導するような大規模なものでは無かったのです。

 

迫害の開始

しかし帝政後期には皇帝崇拝が強要されるようになり、キリストを唯一神とするキリスト教への迫害や弾圧は、いよいよ国家規模になっていきました。特にディオクレティアヌス帝(在位:284〜305年)は、専制君主政(ドミナートゥス)の確立を背景に強権をふるい、信者に対する大迫害を行った人物として知られています。

 

キリスト教の容認・国教化へ

「軍人皇帝時代」「3世紀の危機」などと呼ばれる3世紀頃から、戦乱や不況からの救済を求めて、キリスト教信者はますます増えていきました。内乱で国の統一が揺らいでいたこともあり、いよいよその存在が無視できなくなった為、コンスタンティヌス1世とリキニウスの二人の皇帝によって、キリスト教を公認するミラノ勅令(313年)が発布されるにいたりました。さらに392年にはテオドシウス帝により、キリスト教以外の宗教が異教とされ、事実上キリスト教が国教化されたのです。

 

国教化の目的とは

帝政末期、キリスト教はすでに下層階級だけでなく、あらゆる身分階層に浸透していました。そのためキリスト教を国教にすることで、宗教統制により、ローマ帝国の統治の安定に繋がると踏んでいたのです。キリスト教以外の宗教を異教とし、禁止したのは、宗教対立にともなう国家分裂を防ぐ為だったのですね。

 

ただ同じキリスト教を信仰していても、教義の解釈の違いによって、宗教対立は起きました。そのため国教化の後でも、エフェソス公会議(431年)、カルケドン公会議(451年)などを開いて、逐一「正統な教義」の確認を行っているのです。