フランク王国とフランスの違いとは?

フランク王国は5世紀後半に建国し、その後、西ヨーロッパの広範囲を支配した王国です。

 

現在のフランスにあたる地域もこのフランク王国の支配下にありました。

 

フランスの起源は、フランク王国の後に成立した西フランク王国とされています。ここではフランク王国とフランスの違いを解説します。

 

 

フランク王国とは

481年にフランク王国最初の王朝であるメロヴィング朝が、クローヴィス1世によって開かれました。

 

クローヴィスの死後、王国は分裂と統一を繰り返されていたが、613年にクロタール2世によって再統一されたのです。

 

その後、メロヴィング朝は宮宰の家系であったピピン3世によって倒され、カロリング朝が始まります。

 

756年ピピン3世は戦いで奪い取ったローマ周辺の土地をローマ教皇に寄進し、ローマ教会の後ろ盾としての地位を確立したのです。これはピピンの寄進と呼ばれています。

 

その後、カール大帝が登場します。カール大帝はフランク王国に領土を拡大していく一方で、800年にはローマ教皇からもローマ皇帝として戴冠されました。

 

このことによって、キリスト教世界においても権力を得たことにもなったのです。

 

また、カール大帝は西ヨーロッパ地域以外にも勢力を拡大させていきました。

 

カール大帝の死後、フランク王国は分割相続を発端に、843年のヴェルダン条約で分裂し、更に870年のメルセン条約で西フランク王国、東フランク王国、イタリア王国と3つに分割されました。

 

フランスの起源は西フランク王国

フランスはフランク王国から分裂した西フランク王国が起源とされていますが、987年にユーグ・カペーが即位してからフランス王国と呼ばれるようになりました。

 

また、フランク王国から分裂して成立した西フランク王国は、当初カロリング朝の王が支配していたので、フランスはこのカペー王朝が成立してからと見なされています。