古代ローマ時代のお菓子とは?

 

実はヨーロッパのお菓子の多くは古代ローマで食べられていたお菓子、もしくは古代ローマが継承し発展させた古代ギリシャのお菓子に起源を持ちます

 

アピキウスによる世界最古の料理本に様々なお菓子のレシピが載っており、もちろん味や見た目の違いはあったとはいえ、揚げ菓子やプリン、フレンチトーストといった現代の定番料理が食べられていたことがわかっています。

 

菓子パンが人気だった?

ローマではパン屋が人気で、フルーツタルトや菓子パン、ケーキなど品揃えは多種多様だったようです。近年流行している溢れるほどのクリームをパンで挟んだマリトッツォも、古代ローマ時代に作られていた蜂蜜やバターを使ったパンの一種が元になっていると考えられています。