ローマ略奪(410年)

ローマ略奪は、410年、西ローマ帝国領ローマにゲルマン民族のゴート族が侵入し、略奪や破壊を行った事件です。当時のローマはすでに帝国の首都ではなくなっていたものの、「永遠の都」として象徴的地位を持っており、直接的な侵略とも無縁だったことから、この都の陥落は全ローマ市民を震撼させました。ローマ帝国末期の衰退を象徴する出来事でもあります。

 

ローマ略奪の背景

375年以来、フン族からの圧迫を受けたゲルマン人がローマ帝国領内へ侵入を繰り返すようになっていました(ゲルマン民族の大移動)。そこでテオドシウス1世は395年、ゲルマン人の侵入に機敏に対応できるよう、広大な帝国領を東西に割り、それぞれ2人の息子に分担統治させることに。西ローマ帝国の統治を任されたホノリスは、首都を防衛線の張りやすいラヴェンナに移し、帝国心臓部に迫るゲルマン人を迎え撃つ準備を進めていました。しかしゴート族は首都ラヴェンナではなく、防御が手薄なローマに進撃を開始し、8月24日より3日間、略奪と破壊行為の限りを尽くしたのです。

 
ページの先頭へ戻る