トルコの有名な河川一覧【最長の川は?】

トルコにおいて、アナトリア高原はズル・ウルマク川・サカリヤ川・セイハン川の、アルメニア高原およびアンティ・トーラス山脈はメソポタミアを形作る大河ティグリス川・ユーフラテス川の源流になっています。トルコのヨーロッパ部トラキアにおいては、メリチ川(マリーツァ川)がギリシャとの国境を流れ、その支流エルゲネ川がトラキアに広がる平野を貫通しています。トルコ国内に水源と河口が両方ある川としてはクズルウルマク川(1,350 km)が最長になります。

 

 

クズルウルマク川

延長:1,350 km
水源:東部アナトリア高地
河口・合流先:黒海

 

トルコ国内で完結する川としては最大。古代アナトリアにおいてリディアと、メディア王国の国境となっていた。産業面では、水深が浅いため水運には不向きだが、水力発電には利用されている。川名は「赤い川」という意味。

 

サカリヤ川

延長:480km
水源:ヤズルカヤ高原
河口・合流先:黒海

 

1956年中流域にはトルコで初めて本格的なダム式発電所がつくられた。灌漑用水に利用されるが、洪水も多い。

 

セイハン川

延長:510km
水源:アンティ・トロス山脈
河口・合流先:地中海

 

古代ローマ時代の橋がかかるアダナの街、デルタ地帯などを通り地中海に注ぐ川。蒸留は灌漑や水力発電として利用される。