清教徒革命と名誉革命の違いとは?

清教徒革命と名誉革命は一連の流れの中で起こり、当時のイギリス社会を転換させた革命です。清教徒革命はピューリタン革命とも呼ばれ、1642〜49年に起こった革命、名誉革命は1688年に起こった革命です。今回は、この二つの革命の経緯とその違いについて簡潔に説明していきます。

 

 

清教徒革命から名誉革命までの経緯

清教徒革命

清教徒革命の原因はステュアート朝絶対王政への不満です。

 

当時の国王、チャールズ一世は国民の大多数が国教会を信仰する中、カトリック信者でした。そのため、議会との対立が深まり、王権の強化を図る行動をします。

 

これに対し、イギリス国教会に対抗する「ピューリタン(清教徒)」が宗教的自由を求めて立ち上がり、リーダーのクロムウェルが専制政治を打倒。

 

最終的にチャールズ一世を処刑します。処刑後、共和政が宣言され、イギリスは国王の存在しない国となりました。

 

この王政打倒、イギリス史上初の共和政樹立までの流れがいわゆる清教徒革命です。

 

名誉革命

共和政下では、クロムウェルが実権を握りましたが、次第に独裁政治に走ったため、反動でチャールズ一世の息子ジェームズ二世を迎える王政復古が起こりました。

 

しかし、ジェームズ二世もカトリックであり、反動政治を推し進めたため、議会との対立が続きます。

 

そこで議会は、オランニェ公ウィレム の力を借りてジェームズ2世を追放。

 

ジェームズ2世の娘メアリと夫ウィレムを王位につかせるとともに、国民の権利と自由を明記した「権利の宣言」の受託を即位の条件とし、「権利の章典」として成文化。ここに現在に続くイギリス立憲君主制が樹立されました。

 

この国王ジェームズ2世追放と立憲君主制樹立までの一連の流れを名誉革命と呼びます。

 

清教徒革命と名誉革命の違いは?

まず、大きな違いとして挙げられるのは、清教徒革命は国王が処刑されているのに対し、名誉革命では一滴の血も流れず政治体制の革新が起こったという点です。名誉革命が名誉と呼ばれているのはこれが理由です。

 

また革命後に成立した政治体制については、清教徒革命では、王を置かない共和政を敷いたのに対し、名誉革命後は王を置いた上で、法によって国民の権利を守る立憲君主制を敷きました。