ルネサンス期の日本は何時代?

 

 

ルネサンス時代は14世紀から16世紀にかけて西ヨーロッパで勃興した古典文化復興運動です。

 

この時代には科学・文化・政治などあらゆる分野で飛躍的発展がみられ、近代以降ヨーロッパが世界をリードする原動力になりました。

 

日本史とルネサンス

ルネサンス期の地理学・天文学的発展は、船による長距離航海を可能にし、ヨーロッパ列強がこぞって海外に進出する「大航海時代」の幕開けに繋がりました。

 

大航海時代になると日本へもヨーロッパ人が渡来し、キリスト教や鉄砲がもたらされるなどしたため、ルネサンスの隆盛は日本史へも大きな影響を与えているといえます。

 

ルネサンス期の日本の時代区分

ルネサンスは14世紀にイタリアで開始され、年月とともに中心地をドイツやフランスに移しつつ、17世紀頃まで続きました。

 

14世紀から17世紀にかけての日本の時代区分は以下のようになります。

ルネサンス期の日本の時代区分
  • 鎌倉時代後期(1301〜1333年)
  • 南北朝時代(1336〜1392年)
  • 戦国時代(1493〜1573年)
  • 安土桃山時代(1573〜1603年)