スイスの有名な山一覧

スイスはアルプス山脈の山岳地帯が国土の大部分を占める典型的な山国です。アルプス山脈は対イタリアとの国境にもなっており、平均標高1700m、4000mを超える山が48も存在します。最高峰は標高4,634 mモンテ・ローザ。

 

アルプス山脈はスイスの象徴的存在であると同時に、スイス最大の観光名所。山岳地帯のグラウビュンデン州、ベルン州、ヴァリス州には大勢の観光客が訪れます。

 

 

モンテ・ローザ

標高:4,634 m
位置:ヴァレー州、スイス・イタリア国境
山系:アルプス山脈>ペンニネアルプス山脈
解説:スイス最高峰の山。アルプス山脈でもモンブランに次ぎ2番目の高さ。名称は雪山が朝日色に染まる様子から、イタリア語の「薔薇rosa」にちなみ名付けられた。

 

アイガー

標高:3,970 m
位置:スイス ベルン州
山系:アルプス山脈>ベルナーアルプス
初登頂:1858年アイルランド人チャールズ・バリントンにより
解説:ユングフラウ、メンヒに並ぶオーバーラント三山の一角。アイガー北壁はアルプスの「三大北壁」としてルートの険しさで知られる。

 

アラリンホルン

標高:4,027 m
位置:スイスヴァレー州
山系:アルプス山脈>ペニン・アルプス
初登頂:1856年
解説:ミシャベル山群の一部をなす。1907 年、スイス人のR・ブラッケンにより初の冬季単独登頂が達成された。