古代ローマで信仰されていた宗教は?

 

キリスト教が普及する前の古代ローマ世界では、ローマ神話の神々を祀る「多神教」が信仰されていました。ローマ神話は大部分がギリシア神話の踏襲であり、ローマ神話に登場する12柱の神々は、ギリシア神話のオリュンポス12神と同一視されています。大勢の人々が神殿で礼拝を行い、ローマの神々に祈りを捧げたのです。

 

皇帝崇拝とキリスト教の登場

共和政から帝政に移行すると、皇帝を神格化する「皇帝崇拝」が登場し、各地に皇帝を祀る神殿が建設されるようになりました。ただこの皇帝崇拝は自然に広まったというより、帝国維持や帝権強化のために、政府により作られた(押し付けられた)信仰といえ、イエスキリストを唯一神とするキリスト教信者はこれを拒んだため、迫害を受けるようになります。

 

しかしキリスト教の信者が拡大するにつれ、帝国政府はその影響力を無視できなくなり、313年にコンスタンティヌス帝がキリスト教を公認し、393年にテオドシウス帝がローマ帝国の国教に定めています。こうして「キリスト教世界」としてのヨーロッパの歴史がスタートしたのです。

 

ミトラ教の登場

キリスト教の浸透で衰退したため、あまりメジャーではありませんが、1世紀後半から4世紀中頃までミトラ教と呼ばれる新興宗教が流行していました。これはゾロアスター教の系譜として誕生した太陽神ミトラを崇拝する宗教で、軍人によってもたらされ、下層階級の人々を中心に信仰されていました。