大航海時代がインドにおよぼした影響とは?

 

 

大航海時代の幕開けはインド史に重大な影響をおよぼしています。大航海時代に入り、ヨーロッパ列強がこぞってインドの支配圏をめぐり争い、その中でインドの経済や政治状況に大きな変化をもたらしたからです。

 

ヨーロッパ人のインド進出

1498年5月20日、ポルトガルのバスコ・ダ・ガマがアフリカ南端の喜望峰を回航し、インド西岸のカリカットに到達。いわゆる「インド航路」を発見し、ポルトガルはインドの西海岸ゴアに拠点を築き、香辛料貿易を加速させていきました。

 

ゴアはヨーロッパ人による東アジア支配の拠点になるだけでなく、ヨーロッパ領域外へのキリスト教布教の中心にもなりました。

 

支配者の交代

ポルトガルが独占していた香辛料利権は、1580年、同国を併合したスペインに継承されることになり、スペインが衰退すると、少し遅れて絶対王政を確立・海外進出を開始したイギリスとオランダがインドへの影響力を強めていきました。

 

とりわけ17世紀以降、海上帝国として台頭してきたイギリスが東インド会社を介して支配を強化し、イギリス領インド帝国(1858年〜1947年)の建設を準備したのです。

 

コロンブスが「発見」した「インド」とは

新大陸アメリカを「発見」したことで有名なコロンブスですが、彼自身は死ぬまで自分が「発見」した土地はインドであると信じていました。地球球体説を支持する彼は、東方からでなくとも、西方からもインドに到達できると信じ航海に出たからです。

 

この考え方自体は間違っていませんでしたが、実際に彼が到達したのは南北アメリカ大陸に挟まれた群島であり、原住民の肌の色をみて「インドに到達した」と思い込んだだけなのでした。ここが現在「西インド諸島」と呼ばれているのはこういったことが背景があります。