ツヴィングリとは何をした人?〜スイスの宗教改革を推進〜

 

ツヴィングリの基本情報

 

本名:フルドリッヒ・ツヴィングリ
誕生:1484年ザンクト・ガレン州
死没:1531年カッペル
提唱:聖体象徴説
実績:贖宥状販売の阻止/ミサ廃止/修道院閉鎖/聖体象徴説

 

ツヴィングリ(1484年 - 1531年)はスイスの宗教改革者で、ルター、カルバンなどと並び初期の宗教改革の指導的役割を果たした人物として知られます。チューリッヒの豊かな農家出身で、ウィーン、バーゼルの大学で宗教改革の柱ともいえる人文主義を学びました。そしてルターの宗教改革に共鳴し、チューリッヒの司祭として、贖宥状販売の阻止に止まらず、ミサ廃止、修道院閉鎖、聖体象徴説など、ルターよりも徹底した改革を推進するようになるのです。その結果スイスではツヴィングリ派とカトリック派による内戦が始まり、1531年カッペルの戦いでツヴィングリが戦死したことで、スイスにおける宗教改革はカルバンの台頭まで中断を余儀なくされました。