アルバニアの年表

 

アルバニア(正式名称アルバニア共和国)は東ヨーロッパのバルカン半島に位置する共和制国家です。国土はアドリア海沿岸部の平地とバルカン半島中部の山地で構成され、気候区は地中海性気候に属しています。首都は国内最古の建築物の一つであるエザム・ベイ・モスクが有名なティラナ。
この国ではとくに農業が発達しており、中でもブドウや桃などの果物や、オリーブの生産がさかんです。またイタリアとの深い関係を背景にした繊維産業もこの国の基幹産業となっています。
そんなアルバニア共和国の歴史は、オスマン帝国の支配から脱することで建設されたアルバニア公国から始まるといえます。アルバニア公国は第一次大戦後に共和制、次いで王制へと政治体制を変え、第二次世界大戦下ではイタリアファシスト政権の支配下に置かれていました。そして第二次大戦後の共産主義時代を経て、ソ連崩壊を機に資本主義化。アルバニア共和国として独立して現在に至る・・・というのがこの国の歴史のおおまかな流れです。ここではそんなアルバニア共和国の歴史的歩みをもっと詳しく年表形式で振り返ってみましょう。

 

アルバニアの歴史年表

1478年 オスマン帝国の支配
1878年 プリズレン連盟
1912年 オスマン帝国からの独立宣言
1914年 アルバニア公国の成立
1925年 アルバニア共和国の成立
1928年 アルバニア王国の成立
1939年 イタリア王国の支配
1940年 ギリシャ・イタリア戦争
1941年 アルバニア共産党の成立
1943年 ナチス・ドイツの支配
1944年 ナチス・ドイツからの解放
1946年 アルバニア人民共和国の成立
1948年 ユーゴスラビアと断交
1956年 スターリン批判
1961年 ソ連と断交
1962年 コメコンを脱退
1967年 「無神国家」を宣言
1968年 ワルシャワ条約機構を脱退
1976年 アルバニア社会主義人民共和国に改称
1981年 日本との国交樹立
1985年 ホッジャの死去
1991年 アルバニア共和国に改称
1992年 共産主義政権の終焉
1997年 アルバニア暴動
2009年 欧州連合(EU)加盟申請