ゲルマン人の特徴|人種・言語・歴史・宗教など

ゲルマン人とは、かつて現在のドイツ北部、デンマーク、スカンジナビア南部地域を中心に活動し、現在は北西ヨーロッパを中心に住んでいる民族です。

 

 

ゲルマン人の文化

言語

インド・ヨーロッパ語族-ゲルマン語派に属する言語を母語としており、英語やドイツ語、オランダ語などの共通の祖先です。先史時代、有史時代初期のゲルマン語を話す部族のことを原始ゲルマン人、古ゲルマン人などと呼びます。

 

宗教

霊魂崇拝や自然崇拝が行なわれ、森の中に神や精霊がいるとされました。ゲルマン神話と呼ばれるゲルマン民族共通の神話は、このような信仰に基づき構築されたストーリーになっています。

ゲルマン人の歴史

古来よりゲルマニアに居住していたゲルマン人でしたが、4世紀になりフン人の圧力が増し、移住を余儀なくされました(ゲルマン人の大移動)。(ゲルマン人といえば、通常この民族大移動以前の古ゲルマン人を指す場合が多いです。)移住先の西ローマ帝国を滅ぼした後、後のフランスとなるフランク王国を建国するなどヨーロッパの歴史に重大な影響を与えました。

 

ゲルマン人の人種

ゲルマン人の身体的な特徴は、長身、金髪、碧眼、高い鼻など、いわゆる白人と呼ばれる人種の特徴が顕著です。

トップへ戻る