フランス革命が起こった理由をわかりやすく解説

フランス革命が起こった理由をわかりやすく教えてください。

ルイ14世時代より繰り返された領土拡大戦争、七年戦争・アメリカ独立戦争などの対イギリス戦争における軍事支出により、フランスの財政は破綻寸前の状態にありました。

 

ルイ16世は財政危機を乗り切るために、1789年5月5日全国三部会を招集するも、これが国民議会に変容。ルイ16世は事態の責任者としてネッケルを罷免しますが、彼は民衆に支持されていたため、フランス革命の口火となるバスティーユ監獄襲撃に繋がりました。

 

フランス革命を後押ししたのは、上記のような財政的な問題だけでなく、合理的精神に基づきキリスト教的世界観や封建主義を批判し、人間性の解放を目指す「啓蒙思想」の広まりも大きいといえます。

 

フランス革命は財政問題や啓蒙思想の台頭、第三身分の発言力の高まりなど、複合的な要因が合わさって引き起こされたのです。