アングロサクソン人の特徴|人種・言語・歴史・宗教など

アングロサクソン人の特徴|人種・言語・歴史・宗教など

アングロ・サクソン人の特徴|人種・言語・歴史・宗教など

アングロ・サクソン人とは、5世紀頃、ゲルマン民族大移動の一環として、現在のドイツ北岸からグレートブリテン島南部に移住したアングル人サクソン人、ジュート人という3つのゲルマン系部族の混成民族です。

 

 

アングロ・サクソン人の居住地


 

アングロ・サクソン人の文化

言語

低地ドイツ語(アングロサクソン人の原住地、北ドイツで話されるドイツ語)に起源を持つ英語を話しました。現在の英語の基礎となりました。

 

アングロ・サクソン人の歴史

アングロ・サクソン人は、グレートブリテン島へ侵入すると、先住民族のブリトン人を駆逐しました。9世紀初め頃までに七王国を建国し、今のイギリスの基礎を形成しました。アングロ・サクソン人はイギリス人の祖先にあたる民族なので、イギリス国民やイギリス系の人々、その子孫のことをアングロサクソンとも呼びます。

 

アングロ・サクソン人の人種

アングロ・サクソン人は、人種的にはコーカソイドの北方系に属し、長身、白人、碧眼、金髪などの身体的特徴を持ちます。

トップへ戻る