ヨーロッパの食糧自給率が高い理由

日本の食糧自給率40%を基準とみた場合、ヨーロッパ諸国の食糧自給率は全体的に高い傾向にあります。スペインやポルトガル、イタリアなど南欧諸国は日本とそれほど変わりませんが、フランスは121%、ドイツは98%、イギリスは65%と西欧や中欧はかなり高い国が目立ちます。この自給率の高さは何に起因しているのでしょうか。

 

ヨーロッパの農業面積の広さ

まずヨーロッパ諸国の高い食料自給率を裏付ける大きな要因の1つに、農業面積の広さが挙げられます。とくにフランスは国土の35%を農地が占めており、「EUの穀倉」の異名を持つほど食料生産がさかんです。食糧自給率はオーストラリア、カナダ、アメリカに次ぐ世界4番目の高さで、世界屈指のレベルです。

 

フランスも穀物以外は輸入頼り?

フランスと日本を比較してみると、日本の自給率が低いのは、森林や山岳地帯の面積の割合が大きく、農業に適した平地が少ないためというのがわかります。ただその一方で、フランスは穀物以外の食料はわりかし輸入に依存しており、食料輸出と同じくらい食料輸入もしているということも知っておいてください。

トップへ戻る