ヨーロッパ型酪農の特徴|歴史、さかんな国、適した気候など

ヨーロッパ型酪農の特徴|歴史、さかんな国、適した気候など

ヨーロッパの酪農の特徴|歴史、さかんな国、適した気候など

酪農とは牛や羊、やぎなどを飼育して乳をしぼったり、その乳からチーズやバターなどの乳製品を作ったりする農業のことです。世界中で行なわれる農業の1種ですが、中でもヨーロッパは最もさかんな地域といえ、乳製品の生産量も消費量も他地域を圧倒しています。

 

 

ヨーロッパにおける酪農の特徴

ヨーロッパにおける酪農生産は、一般的に、放牧され牧草を食べて育った乳牛により行なわれます。ただこれができる条件は限られており、ヨーロッパのどこでも酪農が行なわれているわけではありません。

 

酪農に向いた気候・土地条件は?

酪農が発達する条件は、牛や羊を育てられる環境があるか否かです。そのために必要なのは、広大な牧草、冷涼な高地、河川(飲用水)などが挙げられます。ヨーロッパでこれらが全て確保できるのは、多くの水源を持つアルプス山脈一帯で、酪農生産がさかんな国もここに集中しています。

 

酪農がさかんな国は?

ヨーロッパではアルプス山脈に面するスイスやオーストリアが酪農生産国として特に有名で、上述した条件の、乳牛飼育に向いた土地を広く持っています。そのほかドイツ、フランス、イタリア、ポーランドなども、チーズなども負けず劣らずで、いずれの国も乳製品の生産量・消費量で世界トップ10に入ります。

 

ヨーロッパにおける酪農の歴史

紀元前20世紀頃
青銅器時代(エーゲ文明期)に、ヨーロッパに初めて牛乳がもたらされました。古代ヨーロッパ人にとって貴重な栄養源になりました。

 

13ー14世紀
牛乳を使った酪農という農業形態がオランダを中心にヨーロッパに広まっていきました。

 

15世紀
オランダ、スイス、フランスなどから、バルト海沿岸諸国への乳製品の輸出が盛んになります。15世紀半ば大航海時代が始まり、ヨーロッパの国外進出と共に、アメリカやオーストラリアなど他州にも酪農が普及していきました。

 

18ー19世紀
農業革命によって酪農が産業として確立。輪作式有畜農法が普及などもあり、近代酪農の基礎が築かれました。日本にも同時期、オランダ人により酪農技術が伝えられました。

 

トップへ戻る