ヨーロッパにおけるイスラム教事情|ムスリムの人口や割合、多い国など

ヨーロッパにおけるイスラム教事情|ムスリムの人口や割合、多い国など

ヨーロッパにおけるイスラム教事情|ムスリムの人口や割合、多い国など

ヨーロッパにおいてキリスト教に次いで信仰者の多いイスラム教についてまとめています。

 

 

ヨーロッパにおけるムスリムの人口

ヨーロッパには、世界のムスリム人口全体の2.7%にあたる4400万人が暮らしています。ムスリム人口全体※からみれば低い割合ですが、ヨーロッパではキリスト教に次ぐ信者数を誇る二大宗教の一つです。

 

※2010年時点で全世界のムスリムの人口(約16億人)のうち、6割にあたる10億人はアジアに集中。

 

ヨーロッパでムスリムが多い国

ヨーロッパにおけるムスリムの大半は移民で、移民の受け入れが多い国(フランス、ドイツ、イタリア、スペインなど)ほど多くのムスリムが暮らしています。

 

西ヨーロッパ諸国のムスリム人口
・フランス(470万人)
・ドイツ(410万人)
・イタリア(158万人)
・スペイン (100万人)

 

ムスリムが多数派の国

西ヨーロッパ諸国では、キリスト教が多数派で、イスラム教はマイノリティですが、東南ヨーロッパにはイスラム教が多数派の国※も目立ちます。イスラム教が70%を占めているアルバニアは、ヨーロッパで唯一のイスラム協力機構の正規加盟国です。

 

ヨーロッパでイスラム教が多数派の国
・ボスニア・ヘルツェゴビナ
・アルバニア
・コソボ
・カザフスタン
・北キプロス
・トルコ
・アゼルバイジャン

トップへ戻る