サクソン人の特徴|人種・言語・歴史・宗教など

サクソン人、もしくはザクセン人は、北西ドイツを原住地としていたゲルマン系の種族です。ドイツの連邦州の一つであるニーダーザクセン州は、サクソン人が建設した都市から発展を遂げた州として知られています。

 

 

サクソン人の居住地


 

サクソン人の文化

言語

低地ドイツ語/古英語

 

宗教

ゲルマン系の土着宗教のちにキリスト教

 

サクソン人の歴史

サクソン人は、アングル人と共にイングランド人の民族形成に大きく影響しました。7世紀末に多くの小部族を吸収して大部族としての成長を遂げたと記録されています。

 

イングランドへの移住

4世紀後半から5世紀にかけて、一部がアングル人やジュート人とともにゲルマン民族大移動の一環として、サクソン人、ジュート人とともにイングランド北東部に移住。先住民族のブリトン人を駆逐し、いくつもの王国を建国、アングロ人と融合しアングロ・サクソン人となりました。

 

フランク王国への服属

一方、イングランドに移住せず大陸本土に残ったサクソン人は、王国は形成せず、首長が分立し、4つの支族の連合体をとっていました。しかし6世紀後半以降長く争っていたフランク族との戦いが激化し、8世紀にはカール大帝のもとフランク王国に征服されることになります。彼らはフランク王国に征服されるまで、キリスト教を受け入れず、伝統的な神々の祭祀を守り続けたといいます。

トップへ戻る